版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
ガラリ一変!競馬の見方 西内 荘(著/文) - 東邦出版
..

ガラリ一変!競馬の見方

発行:東邦出版
四六判
縦188mm 横127mm 厚さ12mm
184ページ
定価 1,500円+税
ISBN
9784809416804
Cコード
C0076
一般 単行本 諸芸・娯楽
出版社在庫情報
不明
書店発売日
登録日
2019年8月1日
最終更新日
2019年8月3日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

武豊騎手絶賛!
ディープが飛び、ウオッカが弾ける。
名馬の裏にはいつも西内さんがいます。
僕も知らなかった西内さんの仕事が伝わってくる本です。

池江泰寿調教師推奨!
接着装蹄によって荘さんは日本の装蹄界に革命を起こした。
ディープが競走馬になれたのも西内荘という革命児がいたからこそなんです。

熱意、準備、創意工夫、反省、試行錯誤、そして競走馬への
深い愛情ー。
ディープインパクトをはじめとする、数々の名馬を支え、救ってきた
”カリスマ装蹄師”西内 荘の仕事がここに!

『ガラリ一変! 競馬の見方』
第2章『アメリカ修行と接着装蹄』より抜粋

 私は1頭の馬を初めて装蹄する際に肢を持ちあげたとき、
芝・ダートの適性云々抜きに、走らない馬というのはだいたいわかります。
持った感触が重たいんです。体の大きさは関係ありません。
なんというか、こちらの腕に「ドタッ」とのしかかってくる感覚。
それを感じた馬が大成した例は記憶にないです。
だからと言って、軽いと感じた馬がすべて走るわけではありません。
なかには、軽いのに走らない馬もいます。
でも、将来GⅠを勝つような馬は、例外なく素軽い。それは事実です。
この「重い」「軽い」は装蹄師にしかわからない感覚ですが、
「へ~、そんなものなんだな」と、ひとつのミニ知識として
覚えておいていただければと思います。  
ちなみに、私はこれまでに1頭だけ、空気を抱えているような、
肢を持っている感覚のない、不思議な感触の馬に出会ったことがあります。
ディープインパクトです。  
最初に肢を持ち上げた瞬間、それまで味わったことのない感触が
腕に伝わってきて、「なんだろう? 変わっているなぁ」と思いました。  
基本、華奢で牝馬みたい。馬もおとなしくしています。  
でも、急にヤンチャになって、瞬間湯沸かし器のようにカーッとなる。
と思ったら、みなぎるパワーが瞬く間にスーッと引いていく。  
例えるなら、高い所から飛び降りたネコ科の動物が、
くるっと回ってキレイに着地したかのような……。そんな感覚。
それがディープインパクトでした。

はじめに
第1章 競走馬の装蹄とは
第2章 アメリカ修行と接着装蹄
第3章 装蹄師の1週間
第4章 担当馬たちが教えてくれたこと
    ◇ダイユウサク ◇メジロマックイーン ◇フジヤマケンザン ◇シーキングザパール ◇アグネスワールド
    ◇ステイゴールド ◇シーザリオ ◇シンハライト ◇ヴィクトワールピサ ◇ブラックタイド
    ◇ディープインパクト
第5章 競走馬のヒヅメの病気とケガ
おわりに

著者プロフィール

西内 荘  (ニシウチ ソウ)  (著/文

1956年、高知県生まれ。
栗東トレーニングセンターに所属する装蹄師。

日本で初めて接着装蹄(エクイロックス)の技術を導入し、
担当した馬は約40年間で25万頭を超える。
過去にはメジロマックイーン、ウォッカ、ディープインパクト、ジェンティルドンナなどの
スターホースを担当し、現在も数多くのG1ホースの依頼を受けている。

JRA最優秀装蹄師賞を9回受賞。
担当馬のG1勝利数は128勝にのぼる。

上記内容は本書刊行時のものです。