版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
もっと知りたい村山槐多 村松和明(著/文) - 東京美術
..

もっと知りたい村山槐多

発行:東京美術
B5判
96ページ
定価 2,000円+税
ISBN
9784808711436
Cコード
C0071
一般 単行本 絵画・彫刻
出版社在庫情報
不明
書店発売日
登録日
2019年4月24日
最終更新日
2019年5月29日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

大正期の夭折の画家、村山槐多(1896~1919)。これまでの槐多像を覆す多数の新発見作品により見えてきた新たな全貌を、ひたむきな生き様とともに解き明かす。多くの人を魅了し続ける日記や詩文も随所に掲載。

目次

1.1章 早熟の画才~岡崎・京都時代(0~18歳) 2.周囲の期待、そして挫折~上京前後(18~19歳) 3.「アニマリズム」開眼~新生槐多の猛進(19~21歳) 4.晩年~虚無と絶望の果てに(21~22歳)

著者プロフィール

村松和明  (ムラマツヤスハル)  (著/文

愛知県岡崎市生まれの美術史家で、岡崎市の新人学芸員時代に地元岡崎にゆかりのある画家として村山槐多に出会い、以来30年以上にわたりこの画家の調査を続け、槐多研究では右に出る者がいない存在。2011年の「村山槐多の全貌」展に続き、2019年6月から開催予定の没後100年を記念する村山槐多展を監修。

上記内容は本書刊行時のものです。