版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
さらば池田大作 野田 峯雄(著) - 第三書館
.

さらば池田大作 消えた上御一人の跡

発行:第三書館
新書判
176ページ
並製
価格 800円+税
ISBN
978-4-8074-1600-4
Cコード
C0031
一般 単行本 政治-含む国防軍事
出版社在庫情報
在庫あり
初版年月日
2016年11月
書店発売日
登録日
2016年10月28日
最終更新日
2016年11月15日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

池田大作が公の場から姿を消して6年になろうとしている。
いくつもの憶測が流れ、毎年のように死亡情報が流されては否定されていく。
真相のほどは不明であるが、確かなことが一つだけある。
この「上御一人」が視界から消えた後、公明党は限りなく自民党に近づき、「自民党公明派」となって集団的自衛権の行使容認、憲法改正への協力に舵を切った。
創価学会・公明党の中で「さらば池田大作」作戦がいつしか粛々と進行していたのであった。

その歩みの跡を辿り、自公政権の、日本社会の将来を占う一冊。

目次

第1章 戦おうではないか!  1
第2章 「消滅」へのステップ  31
第3章 へんなお別れ  97
第4章 ポスト池田大作  115
終章 世襲  157

著者プロフィール

野田 峯雄  (ノダ ミネオ)  (

1945 年、山梨県生まれ。同志社大学卒のジャーナリスト。
おもな著書に『破壊工作 大韓航空「爆破」事件の真相』(宝島社)、
『疑惑の相続人 田中真紀子』(共著)、『わが池田大作バッシング』、
『周辺事態・日米「新ガイドライン」の虚実』、『「世直し」の真実』、
『「プリンセス・マサコ」の真実』、『「憂国」と「腐敗」(共著)』、
『慎太郎よ!』『「漢検事件」の真実』(以上第三書館)など。
2016 年死去。

上記内容は本書刊行時のものです。