版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
⑪無対象の世界 カジミール・マレーヴィチ(著/文) - 中央公論美術出版
..
新装版 バウハウス叢書

⑪無対象の世界

B5変型判
縦230mm 横180mm 厚さ14mm
重さ 400g
172ページ
定価 2,800円+税
ISBN
9784805510612
Cコード
C3370
専門 全集・双書 芸術総記
出版社在庫情報
不明
初版年月日
2020年6月20日
書店発売日
登録日
2020年5月14日
最終更新日
2020年6月24日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

抽象絵画の先駆者でありロシア・アヴァンギャルドを代表する芸術家、マレーヴィチによるシュプレマティズムの芸術論。無対象絵画の追求から、一方で病理学的な語彙による現代美術(教育)論、他方において無対象としての世界という哲学へと至るその特異な抽象思考は、本書によって西欧へ伝えられ衝撃を与えた。第一部「絵画の付加的要素の理論序説」、第二部「シュプレマティズム」、および第一部のロシア語版草稿の翻訳を附録として収録。20世紀美術史における重要な自己証言。 

上記内容は本書刊行時のものです。