版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
10分あったら、どう考える? 野澤幸司(著/文) - 大和出版
..

10分あったら、どう考える? 「なぜ?」「もしも…」が生み出す究極のアイデア法

発行:大和出版
四六判
縦188mm 横130mm 厚さ15mm
192ページ
定価 1,400円+税
ISBN
9784804718668
Cコード
C0034
一般 単行本 経営
出版社在庫情報
不明
初版年月日
2020年8月15日
書店発売日
登録日
2020年6月2日
最終更新日
2020年7月28日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

映画を観ていて、クレジットに気になる名前を見つけたりしませんか?
「昔の恋人に名前が似ているな」「どこの国の人なんだろう」「こういう名前になりたかった」なんて考える。こんなことも「スキマ時間の有効活用」です!

そのほか、
・テザリングの名前を変える
・過去に付き合った人の共通点を探る
・満身創痍の自分と戦うところをイメージする
・脳内住み替えをする
・カラオケビデオを分析してみる
・タクシーの運転手に話しかける……など、「電気代にうる星やつら」「ヒノノニトン」ほか、人気CMを生み出した博報堂のコピーライターによる発想の秘密を明かします!

著者プロフィール

野澤幸司  (ノザワコウジ)  (著/文

茨城県牛久市出身。龍ヶ崎第一高校、青山学院大学法学部卒業。ラジオ好きが高じてなぜかコピーライターに。毎日広告社、パラドックスを経て博報堂へ。主な仕事に、日野自動車「ヒノノニトン」、東京ガス「電気代にうる星やつら」、SEIYU「安いクセして。」、中外製薬「創造で、想像を超える。」、バカラの新聞広告シリーズなどがある。毎日広告デザイン賞グランプリ、TCC審査委員長賞、ACCシルバー、ACCクラフト賞、カンヌ国際広告祭シルバー、アドフェストグランプリなどを受賞。
本書は、コピーライターとしての立場から、スキマ時間でアイデアを生み出すコツについて書いたものである。
著書に『妄想国語辞典』(扶桑社)、『同僚は宇宙人』(小学館)がある。

上記内容は本書刊行時のものです。