版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊
台湾原住民文学への扉 下村 作次郎(著/文) - 田畑書店
.
【利用可】

書店員向け情報 HELP

書店注文情報

注文電話番号:
注文FAX番号:
注文メール:
注文サイト:

在庫ステータス

在庫あり

取引情報

取引取次:
ト|ニ|楽天   書店
八木|子どもの文化|トランスビュー
直接取引: あり
返品の考え方: 無期限で承ります

出版社への相談

店頭での販促・拡材・イベントのご相談がありましたらお気軽にご連絡ください。

台湾原住民文学への扉 (タイワンゲンジュウミンブンガクヘノトビラ) 「サヨンの鐘」から原住民作家の誕生へ (サヨンノカネカラゲンジュウミンサッカノタンジョウヘ)

文芸
このエントリーをはてなブックマークに追加
発行:田畑書店
A5判
縦215mm 横157mm 厚さ45mm
重さ 867g
592ページ
上製
定価 9,000円+税
ISBN
978-4-8038-0407-2   COPY
ISBN 13
9784803804072   COPY
ISBN 10h
4-8038-0407-9   COPY
ISBN 10
4803804079   COPY
出版者記号
8038   COPY
Cコード
C0098  
0:一般 0:単行本 98:外国文学、その他
出版社在庫情報
在庫あり
初版年月日
2023年4月16日
書店発売日
登録日
2023年3月10日
最終更新日
2023年4月20日
このエントリーをはてなブックマークに追加

書評掲載情報

2023-07-16 熊本日日新聞  朝刊
評者: 野田正彰
2023-07-08 毎日新聞  朝刊
MORE
LESS

紹介

1980年代末に民主化運動の波のなかから生まれた台湾原住民文学。漢人、そして日本人からの支配によって歪められてきた原住民の悲しみと秘められた豊かさに真正面から向き合い、90年代はじめから30年追い続けてきたこの分野の第一人者が、これまでの研究成果をまとめた本邦初の台湾原住民文学研究書!

目次

【目 次】

    台湾および台湾原住民族関係地図
    凡例

はじめに

Ⅰ ふたつの物語──「サヨンの鐘」と「義人呉鳳」

  第一章 「サヨンの鐘」物語の生成と流布過程    
  第二章 日本から逆輸入された『サヨンの鐘』の物語
      ──中央舞台の台湾上演と呉漫沙の『サヨンの鐘』     
  第三章 物語の終焉──映画と教科書の「サヨンの鐘」    
  第四章 各種『サヨンの鐘』の検討──劇本・小説二冊・シナリオ・教科書     
      各種『サヨンの鐘』対照表    
  第五章 連結する帝国の物語と「届かない」帝国の物語──呉鳳伝説・霧社事件・『サヨンの鐘』の検証    
      「サヨンの鐘」関係文献について     
      【参考資料一】「サヨンの鐘」関連地図    
      【参考資料二】「サヨンの鐘」関連記事 一九三八年―一九四三年     
      【参考資料三】「サヨンの鐘」関連年表 一九一三年―一九四五年     
  第六章 「義人呉鳳」の誕生地・諸羅県(嘉義)──呉鳳物語の生成     
      「呉鳳伝説」関係文献について     

Ⅱ 台湾原住民文学の世界

  第一章 台湾原住民文学序説    
  第二章 台湾原住民文学とはなにか     
      トパス・タナピマ小伝     
  第三章 日本における台湾原住民文学研究──翻訳・出版と書評を中心に    
  第四章 台湾原住民文学をめぐる原住民知識人の言説     
  第五章 「歴史」のなかに生きるための戦略的台湾原住民文学論──孫大川(パァラバン・ダナパン)
      著『台湾エスニックマイノリティの文学論 山と海の文学世界』    
      アタウ・バラフの風刺詩     
  第六章 台湾原住民文学に描かれた女性像──原住民女性は「可視化」されてきたか    
  第七章 日本における台湾原住民文学の受容     

Ⅲ 台湾原住民文学点描

  第一章 霧社からのまなざし     
一、霧社事件七〇周年と台湾九二一大地震  /二、埔里からのまなざし  /
三、誇り高きセイダッカとタナトゥヌ  /四、台湾からの手紙  /
五、『風中緋桜』のテレビドラマ化に期待する  /六、「ガヤ」回復への歩み  /
七、山部歌津子『蕃人ライサ』に描かれた「ミカの悪夢」  /八、佐藤春夫と台湾原住民族  
  第二章 山海の世界     
一、簇出する海と山の文学  /二、翻訳で読む台湾原住民文学 /
三、「孫大川の台湾原住民文学論」研究  
  第三章 山地の文学     
一、〝台湾原住民文学〟最前線 /二、アワ文化と狩猟生活  /
三、原住民族の近現代史を、「原住民の視点」から明らかに  
  第四章 海洋の文学     
一、大きく姿をあらわすシャマン・ラポガンの海洋文学  /
二、浮かびあがるシャマン・ラポガンの海の文学  
  第五章 女性たちのまなざし     
一、台湾のアイデンティティを問い直す台湾原住民女性文学  /
二、リムイ・アキの『懐郷』を読む  
  第六章 事件・戦争     
一、原住民作家のパタイが描いた琉球人遭難事件 /
二、王幼華著・石其琳訳『土地と霊魂』  /三、『フォルモサに咲く花』の世界  

【参考資料四】台湾原住民族関連憲法     
【参考資料五】台湾原住民族一六族人口統計表(二〇二二年)    

台湾原住民文学年表 一九四五―二〇二二    

  初出一覧     
  あとがき    

著者プロフィール

下村 作次郎  (シモムラ サクジロウ)  (著/文

1949年和歌山県新宮市生まれ。関西大学大学院博士課程修了。博士(文学)。現任、天理大学名誉教授。 1980年8月から2年間、中国文化大学交換教授。 2000年9月から半年間、国立成功大学台湾文学研究所客員教授。著書に『文学で読む台湾 支配者・言語・作家たち』(田畑書店、1994年)、『よみがえる台湾文学』(共著、東方書店、1995年)、『台湾文学研究の現在』(共著、緑蔭書房、1999年)、『台湾近現代文学史』(共著、衍文出版、2014年)、『台湾文学の発掘と探究』(田畑書店、2019年)、資料集『日本統治期台湾文学台湾人作家作品』(共編、全五巻・別巻、緑蔭書房、1999年)など。翻訳書に呉錦発編著・監訳『悲情の山地 台湾原住民小説選』(田畑書店、1992年)、『台湾原住民文学選』全9巻(共編訳、草風館、2002年~2009年)、孫大川著『台湾エスニックマイノリティ文学論 山と海の文学世界』(同、2012年)、シャマン・ラポガン著『空の目』(同、2014年)、同『大海に生きる夢 大海浮夢』(同、2017年)、陳芳明著『台湾新文学史』(共訳、上・下、東方書店、2015年)、陳耀昌著『フォルモサに咲く花』(東方書店、2019年)、ワリス・ノカン著『都市残酷』(田畑書店、2022年) 他がある。

上記内容は本書刊行時のものです。