版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
本を書く アニー・ディラード(著) - 田畑書店
.

書店員向け情報 HELP

書店注文情報

注文電話番号:
注文FAX番号:
注文メール:
注文サイト:

在庫ステータス

在庫あり

取引情報

取引取次: ト|ニ|楽天|八木
直接取引: あり
返品の考え方: 無期限で承ります

出版社への相談

店頭での販促・拡材・イベントのご相談がありましたらお気軽にご連絡ください。
9784803803921

本を書く

文芸
このエントリーをはてなブックマークに追加
発行:田畑書店
文庫判
縦156mm 横113mm 厚さ15mm
重さ 186g
208ページ
上製
定価 1,400円+税
ISBN
978-4-8038-0392-1   COPY
ISBN 13
9784803803921   COPY
ISBN 10h
4-8038-0392-7   COPY
ISBN 10
4803803927   COPY
出版者記号
8038   COPY
Cコード
C0198  
0:一般 1:文庫 98:外国文学、その他
出版社在庫情報
在庫あり
初版年月日
2022年2月7日
書店発売日
登録日
2022年1月5日
最終更新日
2022年5月13日
このエントリーをはてなブックマークに追加

書評掲載情報

2022-02-26 京都新聞    朝刊
評者: 鵜飼慶樹
MORE
LESS

重版情報

3刷 出来予定日: 2022-05-13
2刷 出来予定日: 2022-03-03
MORE
LESS

紹介

本書には「『ものを書く』ことの隠喩でもあるかのように、ときにはなんでもない、あるときには非凡な人たちの話が、小さい叙事詩のように織り込まれる」(須賀敦子/朝日新聞書評より)。

『ティンカー・クリークのほとりで』でピュリッツァー賞を受賞したネイチャー・ライティングの第一人者、アメリカの女性作家が、創作生活のすべてを象徴的な文体で記した、ものを書こうとしているすべての人に贈るバイブル。

巻末には訳者による旧版のあとがきに加え、「ポケットスタンダート版 刊行に寄せて」を収録。また解説に鶴ケ谷真一氏「本を造る――解説にかえて」、早坂大輔氏(書店「BOOKNERD」店主)書下ろしエッセイ「書くことの真理」を収録する。

目次

第一章
第二章
第三章
第四章
第五章
第六章
第七章
索引
訳者あとがき(単行本版)柳沢由美子
ポケットスタンダート版 刊行に寄せて 柳沢由美子
本を造る――解説にかえて 鶴ケ谷真一
【巻末エッセイ】書くことの真理 早坂大輔

著者プロフィール

アニー・ディラード  (アニー ディラード)  (

アニー・ディラード[Annie Dillard]
1945年、アメリカ、ペンシルヴェニア州ピッツバーグに生まれる。63年、ヴァージニア州のホリンズ・コレッジ英文科に入学。大学2年のとき、教授のリチャード・ディラードと結婚。88年に、H.D.ソローの研究家であるロバート・リチャードソンと三度目の結婚。作品には本書の他に、少女時代の回想を語った[An American Childhood](1987、邦訳『アメリカン・チャイルドフッド』パピルス)、ピュリッツァー賞を受賞した[Pilgrimat Tinker Creck](1974,邦訳『ティンカー・クリークのほとりで』めるくまーる社)、[Teaching a Stone to Talk](1982年、邦訳『石に話すことを教える』めるくまーる社)、他。自然に対する深い感覚と精緻なスタイルを備えたその作品は、ヨーロッパ各国にも翻訳され、きわめて高い評価を得ている。

柳沢 由実子  (ヤナギサワ ユミコ)  (翻訳

柳沢(ヤンソン)由実子[やなぎさわ ゆみこ]
1943年、岩手県に生まれる。上智大学文学部英文科卒業。ストックホルム大学スウェーデン語科修了。女性文学の翻訳、内外の女性事情についての評論、講演がおもな活動。著書には、ヤンソン由実子名義で、『男が変わる──スウェーデン男女平等の現実』(1987、有斐閣)、『女たちのフロンティア』(1993、フレーベル館)、『シリーズ・変貌する家族──家族に侵入する社会』(1992、共著、岩波書店)など。訳書には、アニー・ディラード『アメリカン・チャイルドフッド』(1992、パピルス)、アリス・ウォーカー『カラー・パープル』(1985、集英社)、同『喜びの秘密』(1995、集英社)、アウンサンスーチー『自由』(1991、集英社)、その他、児童文学、推理小説などもある。

上記内容は本書刊行時のものです。