版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊
水上勉社会派短篇小説集 不知火海沿岸 水上 勉(著/文) - 田畑書店
.
詳細画像 0

書店員向け情報 HELP

書店注文情報

注文電話番号:
注文FAX番号:
注文メール:
注文サイト:

在庫ステータス

在庫あり

取引情報

取引取次:
ト|ニ|楽天   書店
八木
直接取引: あり
返品の考え方: 無期限で承ります

出版社への相談

店頭での販促・拡材・イベントのご相談がありましたらお気軽にご連絡ください。

水上勉社会派短篇小説集 不知火海沿岸 (ミズカミツトムシャカイハタンペンショウセツシュウ シラヌイカイガン)

文芸
このエントリーをはてなブックマークに追加
発行:田畑書店
新書判
縦178mm 横110mm 厚さ20mm
仮フランス装
価格 2,200円+税
ISBN
978-4-8038-0391-4   COPY
ISBN 13
9784803803914   COPY
ISBN 10h
4-8038-0391-9   COPY
ISBN 10
4803803919   COPY
出版者記号
8038   COPY
Cコード
C0093  
0:一般 0:単行本 93:日本文学、小説・物語
出版社在庫情報
在庫あり
初版年月日
2021年11月24日
書店発売日
登録日
2021年9月15日
最終更新日
2021年12月23日
このエントリーをはてなブックマークに追加

書評掲載情報

2022-03-19 図書新聞    第3536号 2022年3月26日
評者: 帆苅基生
2022-02-05 東京新聞/中日新聞  朝刊
2022-01-23 しんぶん赤旗  朝刊
評者: 能島龍三
2021-12-08 朝日新聞    夕刊
MORE
LESS

紹介

膨大な文業のなかに埋もれていた「社会派」短篇の名編を発掘。
高度成長期に隠された人間の悲哀を描く傑作選の第2弾。
名作『海の牙』の原形となった表題作ほか、「真夏の葬列」「黒い穽」「消えた週末」など、全集・単行本未収録作を含む。
吉村萬壱氏による序文、石牟礼道子氏のエッセイも収録する。

目次

刊行にあたって 大木志門
序 薄明りの文学 吉村萬壱  

不知火海沿岸
真夏の葬列
黒い箱
消えた週末
片眼
真福寺の階段
渦の片隅で

前の世のための仮言葉――えぐれた風景の中から 石牟礼道子
解説 高橋孝次

著者プロフィール

水上 勉  (ミズカミ ツトム)  (著/文

少年時代に禅寺の侍者を体験する。立命館大学文学部中退。戦後、宇野浩二に師事する。1959(昭和34)年『霧と影』を発表し本格的な作家活動に入る。1960年『海の牙』で探偵作家クラブ賞、1961年『雁の寺』で直木賞、1971年『宇野浩二伝』で菊池寛賞、1975年『一休』で谷崎賞、1977年『寺泊』で川端賞、1983年『良寛』で毎日芸術賞を受賞する。『金閣炎上』『ブンナよ、木からおりてこい』『土を喰う日々』など著書多数。2004(平成16)年9月永眠。

上記内容は本書刊行時のものです。