版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
佃学全作品 第三巻 佃 学(著/文) - 田畑書店
.
詳細画像 0

佃学全作品 第三巻

発行:田畑書店
四六判
縦198mm 横137mm 厚さ24mm
重さ 430g
328ページ
化粧函入り
価格 3,800円+税
ISBN
978-4-8038-0351-8
Cコード
C0092
一般 単行本 日本文学詩歌
出版社在庫情報
在庫あり
初版年月日
2018年6月
書店発売日
登録日
2018年5月21日
最終更新日
2018年6月19日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

「詩は孤独な精神の戯れである。/自分の中に変な人間がいて、弥次郎兵衛のようにふらふらしている。この変な存在に気づいてからもう久しい。(中略)/
今では、自分の中に彼がいるのか、彼の中に自分がいるのかわからない有様である」(「精神劇」後記)

 ──京都大学在学中に清水哲男、大串章らと同人誌「青炎」をおこして詩作を究め、多くの詩人から「彼こそ生まれながらの詩人」と認められていた──

「ただ、そのような才質に恵まれながら、佃学が世俗的な意味での詩人として不幸だったのは、彼の目がいつだって世界の暗部を見ることに執着していたからだろう。この目は、戦後社会の成長や発展の掛け声のなかでは、あまりにも孤独でありすぎた」(清水哲男)

 幽愁のうちに五十五歳で夭逝した詩人の全貌を、没後から四半世紀を経たいま、あらためて世に問う!


佃学こそは生まれついての詩人だったと思う。──清水哲男

カオスから流出する荒ぶる魂の音楽に、わたくしは満たされた。──江森國友

佃君はなにかに憑かれている。もしかすると佃君の方が憑いているのかもしれぬ。──十国 修

詩が書けなくなったり書きたくとも言葉が手繰りよせられない日には、よく佃学の詩を猛スピードで読んだ。
佃の詩には不安や不幸が倒立しながら、眩しく輝いていた。──千々和久幸

目次

【第三巻】[全三巻]
『海景』(繁忙/六月の午後から/巻貝のように/海難メモ/夢のコラージュ/十月の火は……/不帰行/卵巣/人生を病む 断片/『涙男』の独白/はじめも終わりもなく/反復)
『共同墓地』(牧歌/トルソ/夢の蝕 断片/感傷メモ/夜の底で/樹の証言/冬の断片 ほか)
『時間の空 から3篇』(暗斗/THE LOST QUINTET/走狗)『(花粉症のような)』
雑纂=〈詩集未収録作品〉古い男、古い季節〈エッセイ〉半途のプロフィール/断想/反魂/緑が丘
附録= 『時間の空』跋(十国修)/『不眠の草稿』跋(江森國友)/『海景』跋(ヨシダ・ヨシエ)/『ネワァーン・ネウェイン洗脳塔』書評(清水哲男)/「青炎」のこと/通夜の席に届いた十冊目の詩集(大串章)/カオスの人(江森國友)/さよなら(清水哲男)/嗚呼、佃学よ(安宅夏夫)/最後の武者震い/風説(千々和久幸)/佃学(の作品)という現象をめぐって(塚本龍男)/佃学のいた場所(山本哲也)/いま、思うこと/ふたたび「いま思う」(佃信子)/「邯鄲」19号 編集後記/佃学 略年譜

著者プロフィール

佃 学  (ツクダ マナブ)  (著/文

1938年、香川県生。54年、香川県高松高校入学。58年、京都大学文学部入学、一回生だけの同人誌「青炎」に参加、詩と短歌を発表。65年、中退。66年、早稲田大学第二文学部三年に編入、翌67年中退。高松の「詩研究」に参加。69年上京。71年、第一詩集『不眠の草稿』(母岩社)。73年、第二詩集『劇中劇』(母岩社)。75年、第三詩集『共同墓地』(紫陽社)。78年、第四詩集『海景』(母岩社)。80年、『作品集*白図』(邯鄲舎)。82年、詩論集『詩と献身』(レアリテの会)。86年、第五詩集『炎天』(沖積社)。91年、第六詩集『(花粉症のような)』(邯鄲舎工房)。93年、S字結腸ガン発症、翌94年9月23日没、享年55歳。同日、第八詩集『ネワァーン・ネウェイン洗脳塔』(砂子屋書房)刊行。

上記内容は本書刊行時のものです。