版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
「HSP」で「ひきこもり」だけど私は元気です。 かほり(著/文) - ソシム
..
詳細画像 0 詳細画像 1 詳細画像 2 詳細画像 3 詳細画像 4

「HSP」で「ひきこもり」だけど私は元気です。

発行:ソシム
B6判
176ページ
定価 1,200円+税
ISBN
9784802612586
Cコード
C0030
一般 単行本 社会科学総記
出版社在庫情報
不明
書店発売日
登録日
2020年5月21日
最終更新日
2020年6月16日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

日本では数少ないHSP専門カウンセラー武田友紀氏と、
ひきこもりイラストレーターかほり氏による対談コミックエッセイ。

漫画家アシスタントをしていたかほりは、
謎の体調不良や激しい動悸などの異常を感じながらも
「仕事をしなければならない」と自分に言い聞かせて仕事を続けていた。
しかし、そんな無理が長続きするはずはない。
やがて電車に乗ることや他人と接することに恐怖を感じるようになり、
外出もできないひきこもり状態に陥ってしまう。

心も体もボロボロになったかほりだが、
後に自身がHSP(とても繊細な人)と知り、
HSPがハッピーに生きていく方法を模索していく。

本書では、
かほり氏の体験談とカウンセラーの武田氏のアドバイスを
漫画と文章の対談形式で紹介しています。

目次

   はじめに
   HSPとは
   HSP診断テスト
   HSP4つの定義

[プロローグ]前兆 -まさか私がひきこもりになるなんて-
[第1章]暗黒期 -ひきこもるだけで精一杯だったあの頃-
[第2章]転換期 -ひきこもりながらできることを考える-
[第3章]成長期 -人や社会とのかかわりを求めて-
[第4章]気質の話 -HSPであるということ-

   HSP専門カウンセラーからのメッセージ
   あとがき

著者プロフィール

かほり  (カホリ)  (著/文

かほり
ひきこもりイラストレーター。HSPでもある。書籍・雑誌・教科書・広告・webなどさまざまな媒体で活躍中。
「ひきこもりでも仕事はできる!」を伝えたいと思い、2019年からひきこ もりを公表して活動をしている。
著書に『Apple Pencil とiPad で描く!かわいいイラスト練習帖』(standards)がある。イラストレーター ズ通信会員。

武田友紀  (タケダユキ)  (監修 | 解説

武田友紀(たけだゆき)
日本で数少ないHSP専門カウンセラー。自身 もHSPである。
全国のHSPから寄せられる相談をもとに、HSPならではの人間関係や幸せに活躍できる仕事の選び方を研究。
著書に『「気がつきすぎて疲れる」が驚くほどなくなる 「繊細さん」の本』(飛鳥新社)、
『繊細さんが 「自分のまま」で生きる本 繊細さは幸せへのコンパス』(清流出版)などがある。

上記内容は本書刊行時のものです。