版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊
Generative Design ―Processingで切り拓く、デザインの新たな地平 Hartmut Bohnacker(著/文) - ビー・エヌ・エヌ新社
..
詳細画像 0 詳細画像 1
【利用不可】

Generative Design ―Processingで切り拓く、デザインの新たな地平 (ジェネラティブデザインプロセッシングデキリヒラクデザインノアラタナチヘイ)

コンピュータ
このエントリーをはてなブックマークに追加
A4変型判
488ページ
定価 9,800円+税
ISBN
978-4-8025-1013-4   COPY
ISBN 13
9784802510134   COPY
ISBN 10h
4-8025-1013-6   COPY
ISBN 10
4802510136   COPY
出版者記号
8025   COPY
Cコード
C3055  
3:専門 0:単行本 55:電子通信
出版社在庫情報
不明
書店発売日
登録日
2016年1月7日
最終更新日
2016年2月29日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

プログラミングによる視覚表現の“最上級の教本” ―あの伝説の書、待望の日本語版が遂に刊行。

本書は、デザイン/アートのためのプログラミング環境「Processing」とオリジナルのGenerative Designライブラリを利用することで、プログラミング習得の壁を超えて生成的/創発的なビジュアルを作り出す方法をまとめた一冊。世界中で圧倒的な支持を得た、とびきり美しい作例とデザインの原則に基づいた構成、完全なライブラリとコードのポイント解説により、インスピレーション、リソースとして役立つだけでなく、プログラマーではない人たちにも新しいデザイン体験を与えます。

目次

I./// Introduction イントロダクション
I.1 目次
I.2 序文
I.3 日本語版への序文(深津貴之)
I.4 イメージオーバービュー
I.5 本書の読み方
I.6 www.generative-gestaltung.deの使い方
I.7 プログラムの使い方

S./// Project Selection 作品事例

P./// Basic Principles 基本原理
P.0 Processing入門
P.0.0 Processing ― 概要
P.0.1 言語の要素
P.0.2 美しいプログラミング手法
P.1 色
P.1.0 HELLO, COLOR
P.1.1 色のスペクトル
P.1.1.1 グリッド状に配置した色のスペクトル
P.1.1.2 円形に配置した色のスペクトル
P.1.2 カラーパレット
P.1.2.1 補間で作るカラーパレット
P.1.2.2 画像で作るカラーパレット
P.1.2.3 ルールで作るカラーパレット
P.2 形
P.2.0 HELLO, SHAPE
P.2.1 グリッド
P.2.1.1 グリッドと整列
P.2.1.2 グリッドと動き
P.2.1.3 グリッドと複合モジュール
P.2.2 エージェント
P.2.2.1 ダムエージェント(単純なエージェント)
P.2.2.2 インテリジェントエージェント
P.2.2.3 エージェントが作る形
P.2.2.4 エージェントが作る成長構造
P.2.2.5 エージェントが作る密集状態
P.2.3 ドローイング
P.2.3.1 動きのあるブラシでドローイング
P.2.3.2 回転と距離
P.2.3.3 文字でドローイング
P.2.3.4 動的なブラシでドローイング
P.2.3.5 ペンタブレットでドローイング
P.2.3.6 複合モジュールでドローイング
P.3 文字
P.3.0 HELLO, TYPE
P.3.1 テキスト
P.3.1.1 時間ベースのテキストを描く
P.3.1.2 設計図としてのテキスト
P.3.1.3 テキストイメージ
P.3.1.4 テキストダイアグラム
P.3.2 フォントアウトライン
P.3.2.1 フォントアウトラインの分解
P.3.2.2 フォントアウトラインの変形
P.3.2.3 エージェントが作るフォントアウトライン
P.4 画像
P.4.0 HELLO, IMAGE
P.4.1 切り抜き
P.4.1.1 グリッド状に配置した切り抜き
P.4.1.2 切り抜きのフィードバック
P.4.2 画像の集合
P.4.2.1 画像の集合で作るコラージュ
P.4.2.2 時間ベースの画像の集合
P.4.3 ピクセル値
P.4.3.1 ピクセル値が作るグラフィック
P.4.3.2 ピクセル値が作る文字
P.4.3.3 リアルタイムのピクセル値

M./// Complex Methods 高度な表現手法
M.1 乱数とノイズ
M.1.0 乱数とノイズ ― 概要
M.1.1 乱数と初期条件
M.1.2 乱数と規則性
M.1.3 ノイズ VS 乱数
M.1.4 ノイズによる地形
M.1.5 ノイズによる動き
M.1.6 3次元空間の中のエージェント
M.2 振動図形
M.2.0 振動図形 ― 概要
M.2.1 調和振動
M.2.2 リサジュー図形
M.2.3 変調振動
M.2.4 3次元のリサジュー図形
M.2.5 リサジュー図形を描く
M.2.6 ドローイングツール
M.3 数学的図形
M.3.0 数学的図形 ― 概要
M.3.1 グリッドを作る
M.3.2 グリッドを曲げる
M.3.3 Meshクラス
M.3.4 メッシュ構造を崩す
M.3.5 カスタムシェイプを定義する
M.3.6 Meshクラス ― リファレンス(一部)
M.4 アトラクター
M.4.0 アトラクター ― 概要
M.4.1 ノード
M.4.2 アトラクター
M.4.3 アトラクター生成ツール
M.4.4 空間内のアトラクター
M.4.5 Nodeクラス ― リファレンス(一部)
M.4.6 Attractorクラス ― リファレンス(一部)
M.5 ツリー図
M.5.0 ツリー図 ― 概要
M.5.1 再帰
M.5.2 ハードディスクからのデータ読み込み
M.5.3 サンバースト図
M.5.4 サンバーストツリー
M.5.5 サンバースト生成ツール
M.6 動的なデータ構造
M.6.0 動的なデータ構造 ― 概要
M.6.1 力学モデル
M.6.2 インターネットからのデータ読み込み
M.6.3 データと力学モデル
M.6.4 大きさをビジュアライズする
M.6.5 テキストの意味解析
M.6.6 魚眼ビュー

A./// Appendix 付録
A.0 解説
A.1 索引
A.2 参考文献
A.3 編著者紹介
A.4 謝辞
A.5 連絡先
A.6 訳者/監修者紹介
A.7 コピーライト

上記内容は本書刊行時のものです。