版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
ふるさと東京今昔散歩 第1巻 浅草編 坂崎幸之助(著/文) - フォト・パブリッシング
..
詳細画像 0

ふるさと東京今昔散歩 第1巻 浅草編

B5判
縦257mm 横182mm 厚さ8mm
重さ 350g
96ページ
定価 1,500円+税
ISBN
9784802132015
Cコード
C0026
一般 単行本 旅行
出版社在庫情報
不明
初版年月日
2020年10月20日
書店発売日
登録日
2020年8月5日
最終更新日
2020年10月6日
このエントリーをはてなブックマークに追加

書評掲載情報

2020-11-22 読売新聞  朝刊

紹介

坂崎幸之助「まえがき」より
僕が生まれ育ったのは墨田区吾妻町(現在の立花)。実家は小さな酒屋だが十人近い大家族。
その末っ子として生を受けたため、周りの大人達に囲まれて、やたら頭でっかちなマセたガキでした。
街の小さな酒屋とはいえ、当時は今と違って週のうちの六日間は鬼のように忙しく、親父と叔父たちは一日中配達を、それこそ閉店時間近くまで続けていたのを覚えています。
それでもたまに浅草や上野に連れて行ってくれたのは、今にして思うと親の心子知らず、本当に感謝の気持ちしかありません。
大人になって浅草の魅力を再発見し出した昨今、子供の頃そこで見た景色、経験は自分にとっての宝物だと改めて感じます。
浅草の今昔物語(奇譚)には、幼い自分へのノスタルジーと、大人になった自分にとっての浪漫が詰め込まれているのです。

上記内容は本書刊行時のものです。