版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊
強い「心技体」を育む 我慢力 森影 浩章(著/文) - 竹書房
..
【利用不可】

強い「心技体」を育む 我慢力 (ツヨイシンギタイヲハグクム ガマンリョク)

スポーツ・健康
このエントリーをはてなブックマークに追加
発行:竹書房
46
縦188mm 横127mm 厚さ18mm
重さ 279g
224ページ
定価 1,980円+税
ISBN
978-4-8019-3920-2   COPY
ISBN 13
9784801939202   COPY
ISBN 10h
4-8019-3920-1   COPY
ISBN 10
4801939201   COPY
出版者記号
8019   COPY
Cコード
C0093  
0:一般 0:単行本 93:日本文学、小説・物語
出版社在庫情報
不明
初版年月日
2024年3月29日
書店発売日
登録日
2023年12月1日
最終更新日
2024年3月1日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

苦手なものほど我慢して取り組み、
「心」を磨けば「技」も「体」もついてくる。
監督就任1年余りで母校・徳島商を甲子園に導くも、
過去の成功体験に囚われず常に変化し続ける、
臨機応変、適材適所の指導論!

著者は、以下のように述べています。

1990年に那賀で監督となってから、気がつけば33年間に渡って高校野球の指導者を続けている。徳島には鳴門、鳴門渦潮などの強豪がひしめいているが、そんな環境にあって小松島監督時代も含め、指揮官として6度の甲子園出場経験は、私の人生におけるかけがえのない財産であり、宝物である。
母校に指導者として復帰して丸13年を迎えた2023年には、エース・森煌誠の活躍もあって、本校は12年ぶりに夏の甲子園出場を果たした。このとき、私たちはいかにして徳島を制したのか。
本書では33年間、私が選手たちにどのような指導を行ってきたのか。さらにはどんな練習、どういった野球を実践して甲子園出場を成し遂げてきたのかをお話ししていきたいと思う――本文より

■目次

第1章 徳島商と徳島の高校野球の歴史
「攻めダルマ」蔦文也監督率いる池田の野球 ほか

第2章 私の球歴~野球との出会いから指導者となるまで~
小松島で春夏計4回甲子園に出場~センバツ出場が多かった理由~ほか

第3章 名門復活への道~何かに囚われない、森影流指導論~
適材適所を見抜く力~エース森をいかに見出し、指導したのか~ほか

第4章 徳島商の練習、戦術、セオリー
徳島商の特殊なセオリー ほか

第5章 徳島商と高校野球のこれからを考える
馬淵史郎監督の采配には迷いがない ほか

著者プロフィール

森影 浩章  (モリカゲ ヒロアキ)  (著/文

森影浩章(もりかげ・ひろあき)
1963年5月29日生まれ、徳島県徳島市出身。徳島商現役時代はセンターで3年夏(1981年)に甲子園出場。日本体育大卒業後は1989年に那賀に教員として赴任。翌年から野球部監督に就任し、2年目には秋季四国大会ベスト4。その後、1993年に赴任した富岡西でも2年目に秋季四国大会出場。1998年から指揮した小松島では計4度(2001年春、2003年夏、2006年春、2008年春)の甲子園出場を記録している。2010年4月から、母校である徳島商に監督として復帰。2011年夏、就任から1年余りで徳島商を甲子園に導き、3回戦に進出した。2023年のドラフトで、横浜DeNAベイスターズから4位指名された東洋大の石上泰輝選手は、徳島商での教え子。2023年夏にはエース・森煌誠を擁し、徳島商では2度目の甲子園出場を果たして2回戦に進出。保健体育科教諭。

上記内容は本書刊行時のものです。