版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
侯孝賢(ホウ・シャオシェン)と私の台湾ニューシネマ 朱 天文(著/文) - 竹書房
..

侯孝賢(ホウ・シャオシェン)と私の台湾ニューシネマ

テレビ・映画化
このエントリーをはてなブックマークに追加
発行:竹書房
四六判
296ページ
定価 2,500円+税
ISBN
978-4-8019-2610-3   COPY
ISBN 13
9784801926103   COPY
ISBN 10h
4-8019-2610-X   COPY
ISBN 10
480192610X   COPY
出版者記号
8019   COPY
 
Cコード
C0097
一般 単行本 外国文学小説
出版社在庫情報
不明
初版年月日
2021年4月8日
書店発売日
登録日
2020年12月25日
最終更新日
2021年3月23日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

“1982年。
台北のカフェ、明星珈琲館で
私はこの人と出会った――。”

『恋恋風塵』『悲情城市』など、
不朽の名作の数々を侯孝賢とともに創り上げてきた
女流作家、朱天文が描く
「台湾映画がもっとも輝いていた、あの日々」

台湾ニューシネマのミューズによる、珠玉のエッセイ集。
侯孝賢と歩んだ台湾ニューシネマ時代/写真が語るあの時 この想い/侯孝賢を語る・侯孝賢と語る
解説 宇田川幸洋

カバー写真・撮影 エドワード・ヤン

十一月二十七日の早朝、私は侯さんと基隆〈ルビ:キールン〉路と辛亥〈シンハイ〉路の交差する十字路で待ち合わせ、脚本を手渡した。侯さんはレンガが残る道の路肩でバイクを停め、脚本を受け取って、そのまま役者の衣装合わせの写真撮影に向かった。急に寒くなったあの日、侯さんは長袖のシャツの上にカーキ色のアーミーベストを着ていた。ラッシュアワーの車の流れは絶え間ない。彼は横断歩道を渡ってバイクのところに戻っていく。アーミーベストが風をはらみ、帆のようにパンパンにふくらんだ姿が車の流れを縫っていく ――本文より

■侯孝賢(ホウ・シャオシェン)とは
世界にその名を知られる台湾映画界の巨匠。1980年『ステキな彼女』で監督デビュー。『童年往事』『恋恋風塵』などの傑作を放ち、エドワード・ヤンらと共に1980年代台湾映画界の新潮流である台湾ニューシネマ(新電影)を担った代表的な監督の一人とされる。89年『悲情城市』でヴェネツィア映画祭グランプリを受賞、世界中から注目を集める。その後も『戯夢人生』『フラワーズ・オブ・シャンハイ』『百年恋歌』など高評価の作品をコンスタントに発表。現時点での最新作『黒衣の刺客』(2015)でカンヌ映画祭監督賞受賞。 2020年 、中華圏で最も権威ある映画賞である金馬奨で生涯功労賞を受賞している。

著者プロフィール

朱 天文  (チュー ティエンウェン)  (著/文

台湾の作家・脚本家。1956年、高雄鳳山生まれ。16歳で初めて小説を発表し、淡江大学英文科在学中に三三書坊を創立して小説やエッセイを出版。26歳のときに侯孝賢と運命の出会いをしたことで映画の世界に。『風櫃の少年』(83年)『童年往事 時の流れ』(85年)、そしてヴェネチア国際映画祭金獅子賞を受賞した『悲情城市』(89年)からカンヌ国際映画祭監督賞を受賞した『黒衣の刺客』(2015年)まで、侯孝賢監督のほとんどの作品の脚本を務めている。2020年、台湾では有名な文学一家である自身の家族をテーマにしたドキュメンタリー『願未央』で映画監督デビュー。これまで日本で翻訳された小説に『世紀末の華やぎ』(1996年、紀伊國屋書店)『荒人手記』(2006年、国書刊行会)などがある。

台湾巨匠傑作選2021―侯孝賢監督40周年記念
ホウ・シャオシェン大特集
監督第二作『風が踊る』デジタルリマスター版から貴重なドキュメンタリー『HHH:侯孝賢』まで、現在日本で上映可能なすべての作品を網羅して上映!
4月17日(土)より新宿K’s cinema他 順次ロードショー

上記内容は本書刊行時のものです。