版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
いとしの〈ロッテン(腐った)〉映画たち ロッテントマト編集部(編集) - 竹書房
..
詳細画像 0 詳細画像 1 詳細画像 2 詳細画像 3 詳細画像 4

いとしの〈ロッテン(腐った)〉映画たち 映画批評サイト「Rotten Tomatoes」がおすすめする名作カルト、過小評価された傑作、ひどすぎてイケてる映画たち

発行:竹書房
A4変型判
縦232mm 横188mm 厚さ21mm
240ページ
定価 2,500円+税
ISBN
9784801925328
Cコード
C0097
一般 単行本 外国文学小説
出版社在庫情報
不明
初版年月日
2021年1月28日
書店発売日
登録日
2020年10月5日
最終更新日
2021年1月9日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

腐ってる(ロッテン)からってなんだ。
僕たちはこの映画が大好きなんだ!

世界No.1映画批評サイト「Rottenn Tomatoes」がおすすめする名作カルト、過小評価された傑作、ひどすぎてイケてる映画たち101本

〈ロッテン(くさった)〉映画たちよ永遠なれ――

お気に入りの映画──または心待ちにしていた新作──が、《ロットントマト》の悪名高き〈トマトメーター〉で緑色の潰れトマトをくらい、ショックを受けた経験は?
《ロットントマト》編集部一同は批評家とスコアを支持するものの、あなたの痛みだってよくわかる。
〈フレッシュ〉な傑作・名作映画はすばらしい、けれど栄光をひとりじめにはさせないぞ!
本書では、《ロットントマト》チームおよび、世界的に名の通った映画批評家たちが、緑色の必見〈ロットン〉映画101本を熱く激しく語りたおす。

◉怪物級にヒットした批評家の嫌われ者
『SPACE JAM スペース・ジャム』『マレフィセント』『バッド・ボーイズ』etc...
◉ひどすぎてかえってイケてる珠玉のSF映画
『チェリー2000』『未来惑星ザルドス』『マスターズ 超空の覇者』etc...
◉〈フレッシュ〉監督も〈ロットン〉の誤り
『フック』『マリー・アントワネット』『ウィロー』etc...
◉すばらしく風変わりな名作カルト
『ほぼ冒険野郎 マクグルーバー』『エンパイア レコード』『ザ・クラフト』etc...
◉時代を先取りした過小評価作
『イベント・ホライゾン』『ブレイド』『ケーブルガイ』etc...
◉2度見の価値ある続編
『オズ』『ジュラシック・パークIII』『ロッキー4 炎の友情』etc...

◆《ロットントマト》とは?
直訳すると「腐ったトマト」という意味のこのサイトは、英語圏で上映もしくは配信されている作品が対象に映画評論家による映画レビューをまとめたサイトだ。プロの評論家による肯定的なレビューと否定的なレビューの割合を数値化。その数値は“トマトメーター”と呼ばれ、肯定的なレビューが多いものはその数字が高くなる。
作品には以下のマークがついている。
赤いトマト→トマトメーターが60%以上。腐った緑のトマト→トマトメーターが59%以下。フレッシュ認定→トマトメーターが75%以上、さらに評論の数が一定数を超えていて(全館上映の映画は80個、限定公開の映画は40個、テレビ番組は20個以上)、トップ評論家の評論が5個以上入っているもの。ポップコーン→観客による評価。

◆トマト・メーターとは?
何百人もの映画批評家の意見にもとづく〈トマトメーター〉スコアは、観賞上のおすすめ指数。1作の映画につける〈トマトメーター〉スコアは、全体的なレビューの総数のうち、〈フレッシュ〉なレビューの本数を計算する。もしくは単に、作品への肯定的なレビューの割合を計算する。例えば、計200件のレビューのうち100件の〈フレッシュ〉なレビューがあれば、〈トマトメーター〉スコアは50%。

著者プロフィール

ロッテントマト編集部  (ロッテントマトヘンシュウブ)  (編集

ロッテントマト
RottenTomatoes
なにをみるか迷ったとき、批評家とファンによるオススメのつまった《ロッテントマト》は、あなたの強い味方だ。〈トマトメーター〉(批評家の意見を集めた世界一信頼の置けるバロメーター)と観客スコア(ファンの温度を数値化)、オリジナルの記事、ビデオ、ソーシャルコンテンツをふんだんにとりそろえ、映画とテレビ界にまつわる情報をファンが発見し、討論し、意見を交わしあう総本山。rottentomatoes.com

有澤 真庭  (アリサワ マニワ)  (翻訳

有澤真庭
Maniwa Arisawa
千葉県出身。アニメーター、編集者等を経て、現在は翻訳業。主な訳書に『自叙伝 ジャン=リュック・ピカード 』『自叙伝 ジェームズ・T・カーク 』『幻に終わった傑作映画たち』(竹書房)、『スピン』(河出書房新社)、『ミスエデュケーション』(サウザンブックス社)、字幕に『ぼくのプレミア・ライフ』(日本コロムビア)がある。

上記内容は本書刊行時のものです。