版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
統計学で解明! 野球のギモン 渡邉 成行(著/文) - 彩図社
.

書店員向け情報

書店注文情報

注文電話番号:
注文FAX番号:

在庫ステータス

不明

取引情報

取引取次: ト|ニ|楽天|中|弘正堂|子どもの文化
直接取引: あり

出版社への相談

店頭での販促・拡材・イベントのご相談がありましたらお気軽にご連絡ください。
9784801305717

統計学で解明! 野球のギモン

このエントリーをはてなブックマークに追加
発行:彩図社
四六判
価格 1,400円+税
ISBN
978-4-8013-0571-7   COPY
ISBN 13
9784801305717   COPY
ISBN 10h
4-8013-0571-7   COPY
ISBN 10
4801305717   COPY
出版者記号
8013   COPY
Cコード
C0075  
0:一般 0:単行本 75:体育・スポーツ
出版社在庫情報
不明
書店発売日
登録日
2021年10月8日
最終更新日
2021年11月18日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

アメリカで発達した、野球を統計的に解析しようとす
る「セイバー・メトリクス」。この方法論が普及したことで従来の野球の常識は書き換えられることになった。
 たとえば、「ノーアウト一塁での送りバント」。日本の野球では、長らくセオリーとして用いられてきた作戦だが、セイバー・メトリクスによると強攻策の方が得点率は高いことが分かっている。
だが、〝送りバント〟は依然として、日本のプロ野球やMLBでは作戦として用いられている。はたして本当に送りバントは無駄な作戦なのか?
また、野球先進国であるアメリカのメジャーリーグでは、近年、チームの主軸を二番に置くことが多くなっている。従来、主軸と言えば四番が基本だったが、そもそもなぜ四番なのか。二番と四番、本当はどちらが得点期待値が高まるのか?
そうした数々の野球のギモンの解明に、ハーバード卒の統計のプロが挑戦。これまでに蓄積されたプロ野球(NPB)、メジャーリーグ(MLB)の膨大なデータを駆使し、セイバーメトリクスだけではたどり着けなかった〝真実〟をあぶり出す。知的好奇心が刺激される、かつてない野球本!

著者プロフィール

渡邉 成行  (ワタナベ シゲユキ)  (著/文

1976年、岡山県生まれ。1983年、広島市民球場初観戦。1999年、東京大学法学部卒業、日本銀行入行。
2002年、財務省理財局に出向。2006年、ハーバード・ロースクール(LL.M)修了。2013年、金融庁総務企画局に出向。2016年4月26日、神宮にて新井貴浩選手の二千本安打達成に感激。2018年9月26日、東京の鯉党の集う店・BigPig 神田カープ本店にて三連覇の振舞酒を浴びる。2019年2月1日、JR油津駅が「日本一のカープ駅」になった日のセレモニーに参加

上記内容は本書刊行時のものです。