版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
おとなのための中田喜直童謡曲集 中田喜直子どもの歌研究会(編) - スタイルノート
.

おとなのための中田喜直童謡曲集

184ページ
並製
価格 2,600円+税
ISBN
978-4-7998-0185-7
Cコード
C1073
教養 単行本 音楽・舞踊
出版社在庫情報
在庫あり
初版年月日
2020年5月30日
書店発売日
登録日
2020年4月2日
最終更新日
2020年5月13日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

数々の名曲を生みだした、作曲家・中田喜直の童謡曲集。『めだかの学校』をはじめ、『かわいいかくれんぼ』、『お母さん』、『夏の思い出』、『ちいさい秋みつけた』、『雪の降る街を』等々、大人になっても歌える名曲の数々が中田喜直によるピアノ伴奏付き譜で収載されている。中田喜直自ら合唱曲としてアレンジした作品も収載。子どもから大人まで幅広く愛唱してもらえる楽譜集となった。本書の刊行に合わせて、収載曲と同じ作品が入ったCDもキングレコードより同時発売。

目次

かわいいかくれんぼ
シャベルでホイ
もんしろ蝶々のゆうびんやさん
お月さんと坊や
べこの子うしの子
夕方のおかあさん
◆コラム「サトウ ハチローと中田喜直」
モショモショフムフム
夏です
今日も鳴らそか
わらいかわせみに話すなよ
大きなたいこ
チリンチリンじてんしゃ
かざぐるま
あひるの行列
ひらひらちょうちょう
えっちら山のぼり
はなのおくにのきしゃぽっぽ
◆コラム「小林純一(本名 純一郎)
せみのうた
りんご ころん
みどりのおにわ
もりのよあけ
そよかぜゆうびんさん
ネズミはなび
豆ッこ打ち
つんとうつらら
つゆ草さいた
カニサンオメメ
大という字
めだかのがっこう
日暮れ坊主
怪我
きちきちばった
いたずらすずめ
かぜさんだって
うめの花
春になったら
冬の雪 春の雪
みんなどの子も
雲さん
とんとんともだち
何だろ誰だろ
かばのかあさん おのどがいたい
おせんこ花火
ばァやのお里
きんきん きんぎょ
あるきましょう はしりましょう
十五夜おつきさん
きいろい きいろい歌
くりのみと こりす
こじか
あまのじゃく
スワンのつばさ
金魚よ
むこうのきしへ
きりんさん
チクンとパチン
お母さん

■合唱編
もりのよあけ
もんしろ蝶々のゆうびんやさん
きんきん きんぎょ
はなのおくにのきしゃぽっぽ
豆っこ打ち
お月さんと坊や
そよかぜゆうびんさん
金魚よ
夕方のおかあさん
お母さん

■中田喜直三大名曲
夏の思い出
ちいさい秋みつけた
雪の降る街を

■中田喜直の子どもの歌の魅力
・倍音
・音名
・音階
・和音
・和音の転回形
・七の和音
・変化和音
・メロディに和音を付ける
・伴奏形
・日本音階
・「わの和音」
・先輩の作曲家に学ぶ

前書きなど

 イソップ寓話『北風と太陽』は皆さんよくご存じのお話ですね。このお話の中では、強引な北風に対して、穏やかに相手に寄りそう太陽が善として描かれていますが、最近はその太陽さえも日焼け防止のために避けられるようになってしまいました。しかし本来、風は季節ごとに折々の花の香りや虫の羽音、鳥の鳴き声などを運んできてくれます。太陽も然り。みなさんも、日の出の見事さ、茜あかね色の夕焼けの美しさに心躍らせたことがあるのではないでしょうか。
 そのような季節の風景や音、また自然の美しさに対する心のときめきを楽音で表した第一人者は作曲家の中田喜直ではなかったでしょうか。それは、とりわけ子どもの歌に多く感じられます。みなさんの中には子どもの頃、母親に歌ってもらったり、またはテレビやラジオから流れてきたりする歌を聴いて大きくなられた方も多いでしょう。思い出に残る子どもの歌もたくさんあると思います。
 昭和31(1956)年に野ばら社から出版された『かわいいかくれんぼ』は中田喜直の初めての子どもの歌の本でした。そこにはサトウハチロー、小林純一をはじめ当時の詩人による作品に付けられた154 曲のかわいい歌が収録されています。昭和30年代中田は歌曲、合唱曲、ピアノ作品と広い分野で作曲活動をしていましたが、この『かわいいかくれんぼ』以後依頼もあり、子どもの歌を多く作っています。
 ところが、その『かわいいかくれんぼ』の入手が難しくなっているようです。多くの作品を残した作家や芸術家も、長い年月の間に代表作しか知られなくなるのは非常に惜しいことです。
 この曲集からは、詩人が文字で表した詩情を音で表現するために、中田が独特の響きの良い和声を確立していった過程を知ることができます。中田の遺作となった「おやすみなさい 美しい夢をみて」(江間章子詩)に見られる中田和声がもつ独特の美しい響きも、子どもの歌を次々と作っていく過程のなかで築かれていったことを知りました。
 そこで『かわいいかくれんぼ』に収録されていた154 曲から中田和声確立の過程を示す57曲を選び、そこに中田の三大名曲といわれる「夏の思い出」「ちいさい秋みつけた」「雪の降る街を」の3曲を加えた60曲を『おとなのための中田喜直童謡曲集』としてスタイルノートから出版することになりました。この曲集が、皆様の心に残るものとなっていただければ幸いです。

版元から一言

数々の名曲を生みだした、中田喜直の童謡曲集です。『めだかの学校』や『ちいさい秋みつけた』等をはじめとする、有名な作品が60曲収載されています。また、すべての作品が中田喜直本人作のピアノ伴奏付きなので、学校などでもすぐに活用できます。12曲の合唱曲も収載し、子どもから大人まで幅広く愛唱してもらえる楽譜集となりました。
 本書の刊行に合わせて、本書と同じ作品が入ったCDもキングレコードより同時発売。本楽譜集では、多くの曲に歌い方のヒントや作品の理論的解説も付記しており、また、最後に収載作品全体を体系的に解説しています。本楽譜集があれば、中田喜直作品がより深く味わえます。

著者プロフィール

中田喜直子どもの歌研究会  (ナカダヨシナオコドモノウタケンキュウカイ)  (

1980年代に創立。かつてのフェリス女声合唱団のメンバーが多く出席した同窓会の席で、中田先生の楽曲についてもっと深く知りたいという声があがったことが創立のきっかけ。同席していた中田先生は快く了承され、後日合唱団出身者、ピアノ専攻者、作曲科専攻者など合わせて9名で活動を開始。中田先生作曲による歌曲、合唱曲の曲分析と歌唱実習をはじめ、1968年頃までの放送及び、出版された中田作品すべてをリスト化するといった作業も行う。活動は一時中断するが、2015年に“中田喜直子どもの歌研究会のまとめを”との城所惠子先生からの提言があり再結成。集大成として本楽譜集及びCDの刊行に至る。

上記内容は本書刊行時のものです。