版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
戯曲 母をなくして 松永 澄夫(著/文) - 東信堂
..

戯曲 母をなくして

このエントリーをはてなブックマークに追加
発行:東信堂
四六判
144ページ
定価 1,500円+税
ISBN
978-4-7989-1697-2   COPY
ISBN 13
9784798916972   COPY
ISBN 10h
4-7989-1697-8   COPY
ISBN 10
4798916978   COPY
出版者記号
7989   COPY
Cコード
C0095
一般 単行本 日本文学、評論、随筆、その他
出版社在庫情報
不明
書店発売日
登録日
2021年2月26日
最終更新日
2021年2月26日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

街の小さな食堂でアルバイトとして働くうら若い女性は、春には中学三年になるという冬に母をなくし、以来、妹二人と父との家庭を整える主婦代わりをしてきた。高校を卒業して三度めの五月、声をかけてきた大学生がいた。ちょっとした偶然の重なりがもたらす死。幾つかの些細とも言える状況によって選択し、迷いながらも生きてゆく人々。どこにでもある若者の恋。市井の人々を慈しむ眼差しがここにある。

目次

第一幕
第一場 小さな食堂 一九六七年五月
第二場 富士塚の頂上
第三場 食堂 五月下旬
第四場 夜の町の通り
第二幕
第一場 早苗の前の家の畳の部屋 六年前(一九六一年)の二月 土曜の午後
第二場 土曜の夜
第三場 日曜の朝早く
第四場 祖母の回想:北海道夕張 早苗の祖母の家 七年前(一九六〇年)二月
    順に早苗の母、昌代が実家に到着したとき・葬式が終わって・  
    それから二日後・昌代が東京に帰る前
第五場 第三場の続き
第三幕
第一場 早苗の現在の家のダイニング 一九六七年七月初め
第二場 洋館前の庭
第三場 藤井の兄の寮
第四場 洋館前の庭
あとがき

上記内容は本書刊行時のものです。