版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
原発災害と地元コミュニティ : 福島県川内村奮闘記 鳥越 皓之(編著) - 東信堂
...
コミュニティ政策叢書

原発災害と地元コミュニティ : 福島県川内村奮闘記

発行:東信堂
A5判
縦210mm
349ページ
価格情報なし
ISBN
978-4-7989-1425-1
出版社在庫情報
不明
初版年月
2018-1-31
登録日
2018年3月7日
このエントリーをはてなブックマークに追加

書評掲載情報

2018-03-11 朝日新聞  朝刊
評者: 椹木野衣(美術批評家、多摩美術大学教授)

紹介

川内村住民による原発事故後の地元コミュニティをめぐるライフ・ヒストリー。2011年福島第一原発の事故は放射能汚染などのハード面のみならず、既存のコミュニティというソフト面にも甚大な被害を及ぼした。福島県川内村は、事故現場から20~30km圏内に位置し、住宅損壊に加え放射能という「不可視」な脅威によって多くの住民が避難を余儀なくされた地域である。川内村コミュニティは放射能汚染と住民避難によって農業などの生業への影響、同居していた家族の分裂に追いやられるといった危機を経ながらも、すでに半数が帰村しコミュニティは新たな地平を築きつつある。原発事故後の人々のライフ・ヒストリーから地元コミュニティに対する葛藤を描写する本書は、一枚岩では語ることのできない多様な「被害」の実態と地元コミュニティをめぐる人々の動態を描く、渾身の労作である。

目次

第1部 災害の発生と川内村(災害とコミュニティ
川内村の歴史と地域コミュニティ)
第2部 住民一人ひとりが語る経験(大災害からの避難
帰村と選択
復興に向けて)
第3部 現状と将来に向けての対談(地元のリーダー・井出茂さんとの対談
遠藤雄幸・川内村村長に聞く)
第4部 資料編・川内村震災の記録(川内村震災の記録
2011年作付け記録
診療所勤務記録)

上記内容は本書刊行時のものです。