版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
エピソード 大橋 吉之輔(著/文) - トランスビュー
.

書店員向け情報

書店注文情報

注文電話番号:
注文FAX番号:
注文メール:
注文サイト:

在庫ステータス

在庫あり

取引情報

取引取次: ト|ニ|楽天|中|鍬谷|八木
直接取引: あり
返品の考え方: 取次ルートは買切返品不可/直接取引は返品可

出版社への相談

店頭での販促・拡材・イベントのご相談がありましたらお気軽にご連絡ください。
9784798701820

エピソード アメリカ文学者 大橋吉之輔 エッセイ集

このエントリーをはてなブックマークに追加
四六判
384ページ
上製
価格 2,700円+税
ISBN
978-4-7987-0182-0   COPY
ISBN 13
9784798701820   COPY
ISBN 10h
4-7987-0182-3   COPY
ISBN 10
4798701823   COPY
出版者記号
7987   COPY
Cコード
C0095  
0:一般 0:単行本 95:日本文学、評論、随筆、その他
出版社在庫情報
在庫あり
書店発売日
登録日
2021年9月3日
最終更新日
2021年10月8日
このエントリーをはてなブックマークに追加

書評掲載情報

2021-11-13 東京新聞/中日新聞  朝刊
MORE
LESS

紹介

★この書籍の小売店頭価格は、2700円+税です。

「一般的に病院の内科では、既往症のことをエピソードとも言う。そのエピソードがいくつか重なってメイジャーなものになると、ヒストリーとも言う。」

編者のアメリカ文学研究における恩師 須山静夫氏の壮絶な半生を描いて話題となった『S先生のこと』(第61回日本エッセイスト・クラブ賞受賞)を書き終えた後、もう一人の恩師である大橋吉之輔氏(1924-93、慶應義塾大学名誉教授)のことを書かねばならないと思い立った。
大橋氏は、ヘミングウェイ、スタインベック、フォークナーといったアメリカ文学の研究、翻訳の大家として知られる。中でもシャーウッド・アンダスン研究の世界的権威であった。
しかし、その死から20年余り。記憶を辿るには遠くなった恩師の生涯を恩師自身に語ってもらうべく、書き残された文章を収集することから始めた。そうして選ばれた46篇の文学論やエッセイは、晩年に至って「私小説」の領域に近づく。編者によるサイドストーリーを交えて描き出される、ユニークで傑出したある文学者の生涯。


■目次■

小伝 大橋吉之輔先生

第一章 「大橋吉之輔」の形成
ヒロシマ・ひろしま・広島
菊池寛のトランク
書物とのつきあい
シェイクスピアのこと
Episode 東大時代の先生
厨川先生のこと(厨川文夫氏への追悼文)
“Three Lives”(龍口直太郎氏への追悼文)
思い出すこと(西脇順三郎氏への追悼文)
師恩(西川正身氏への追悼文)
Episode 大橋二等兵

第二章 先生の文学論
アメリカ文学へのアプローチ
Episode 大橋ゼミ
スタインベックの文学
アーネスト・ヘミングウェイの死
ウィリアム・フォークナーの人と作品 ―私は人間の終焉を信じない―
大橋健三郎著『フォークナー研究 1』
Episode 大橋先生の文学論
いまなぜユダヤ系なのか
谷崎、荷風の作品を評価 来日の米小説家ソール・ベロー
死を想定しない倫理
Episode 先生の、そして私の『ライ麦畑でつかまえて』
本国におけるメイラーの評価
『カリフォルニア州ヨコハマ町』
Episode 大橋先生と翻訳
事件と文学の間柄
南部女流作家の写真集
ケルーアック再考
思い出すこと
サーバー雑感
われわれにとって外国文学とは何か――「アメリカ文学に対するアジアの反応」会議に出席して
シャーウッド・アンダスンと私
シャーウッド・アンダスンの文章
Episode 大橋先生の「アンダスン愛」

第三章 仕事・クルマ・映画・古本
貧乏性
ヘミングウェイ架空会見記
国産車の余禄
病気のあとで
Episode 先生とクルマ
映画三題 強烈な人間臭さ――イタリア映画「道」
身と心で生きている人々――「喜びも悲しみも幾歳月」
リアリズム映画の極限――ポーランド映画「地下水道」
アメリカの古本屋
Aを追え
ニューヨーク・ブック・フェアにて
さぎそう

第四章 晩年の先生
天邪鬼
Episode 李さんのこと
インディアン
タイムズ・スクェア
Episode 恵泉女学園大学時代
なまえ
なまえ(続)
Episode 入院中の先生

第五章 最後のエッセイ
シカゴ再訪
Episode シカゴへの旅
ジョン・アンダスンのこと
宇和島へ
Episode 私の就職問題
シェリーかシャンペンか
Episode 大橋先生と松元寛先生
感謝祭の七面鳥
Episode 絶筆
エピソード

大橋吉之輔著作目録

著者プロフィール

大橋 吉之輔  (オオハシ キチノスケ)  (著/文

アメリカ文学者。慶應義塾大学名誉教授。東京大学英文科卒業。高校教師、雑誌編集などを経た後に、1952年より慶應義塾大学文学部で教鞭を執った。日本におけるアメリカ文学研究の黎明期を支えた一人。ストウ夫人『アンクル・トムの小屋』、ウィリアム・フォークナー『アブサロム、アブサロム!』、ウィリアム・スタイロン『ナット・ターナーの告白』、アーウィン・ショー『富めるもの貧しきもの』などを翻訳した。シャーウッド・アンダスン研究の世界的権威として知られ、『アンダスンと三人の日本人――昭和初年のアメリカ文学』(1984年、研究社出版)で日米友好基金特別図書賞を受賞。

尾崎 俊介  (オザキ シュンスケ)  (編集

1963年、神奈川県生まれ。愛知教育大学教授。慶應義塾大学大学院文学研究科英米文学専攻後期博士課程単位取得。専門はアメリカ文学・アメリカ文化。著書に『S先生のこと』(新宿書房、第61回日本エッセイスト・クラブ賞)、『ハーレクイン・ロマンス』(平凡社新書)、『ホールデンの肖像――ペーパーバックからみるアメリカの読書文化』(新宿書房)、『紙表紙の誘惑』(研究社)などがある。

上記内容は本書刊行時のものです。