版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
異界心理士の正気度と意見 1 ―いかにして邪神を遠ざけ敬うべきか― 水城正太郎(著/文) - ホビージャパン
..

書店員向け情報 HELP

異界心理士の正気度と意見 1 ―いかにして邪神を遠ざけ敬うべきか―

このエントリーをはてなブックマークに追加
文庫判
定価 650円+税
ISBN
978-4-7986-2264-4   COPY
ISBN 13
9784798622644   COPY
ISBN 10h
4-7986-2264-8   COPY
ISBN 10
4798622648   COPY
出版者記号
7986   COPY
Cコード
C0193  
0:一般 1:文庫 93:日本文学、小説・物語
出版社在庫情報
不明
書店発売日
登録日
2021年1月15日
最終更新日
2021年3月17日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

人間は怪異を欲している。

2013年、江ノ島に邪神が上陸した。鎌倉周辺は狂気に沈み、“異界”と呼ばれる特異地域と化している。誰もが狂気に陥るなか、専門の心理士だけが正気を保とうとする人々の救いだった。女性心理士・間宮純(まみやじゅん)は危険な仕事をしている自覚がありながらも、怪異に魅せられつつある自分を否定出来ないでいた。純はとある事件をきっかけに無免許にして最高の心理士、島野偃月(しまのえんげつ)と出会う。異界に住み、怪異と対峙し続ける男に純が惹かれていくのは必然であった。邪神と狂気に陥る人々が織りなす本格怪異譚。

上記内容は本書刊行時のものです。