版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
絶対失敗しない! ロボット1000体を導入してわかったRPA成功の秘訣 清水 亮(著/文) - 秀和システム
..

絶対失敗しない! ロボット1000体を導入してわかったRPA成功の秘訣

A5判
縦210mm 横148mm 厚さ16mm
重さ 500g
192ページ
定価 1,800円+税
ISBN
9784798061726
Cコード
C3055
専門 単行本 電子通信
出版社在庫情報
不明
初版年月日
2020年5月30日
書店発売日
登録日
2020年4月15日
最終更新日
2020年4月30日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

■ソフトバンクのRPAプロジェクトチームが「RPA自走集団」の作り方を事実に基づいて解説。すぐに応用できる資料サービスも充実!

●巻末特別資料「お勧めRPAツール選定フローチャート」!

●RPA導入・運用プロジェクトを成功させる資料はダウンロードサービス!
・業務ヒアリングシート
・業務フロー手順書
・業務見学チェックシート
・導入効果試算表

■本書「はじめに」から

 「働き方改革」の大本命である「RPA」の導入を決定し、運用を開始したものの、「うまく機能していない」ケースがあるのも事実です。RPAにおける運用課題や、「なぜうまく機能していないのか」をヒアリング・集計した結果わかった答えは、「業務の流れや体制などが不明確なままRPAを導入している」からでした。

 本来、RPAにより業務を自動化することで生産性の向上を目指したはずが、逆に運用方法が煩雑になり、RPA運用に多くの問題点を抱えるといった本末転倒な結果を生み出しているケースもあることがわかってきました。

 私たちは2018年初頭、ソフトバンクのコールセンター部門における業務効率化案件として、専門のプロジェクトチームを発足し、RPAの導入を開始しました。
 当初、社内にはRPAの専門家はおらず、プロジェクトのメンバーとともにゼロから体制と技術を整えました。RPA対象業務の棚卸から始まり、ロボットと人の業務の融合方法、さらにはROIの算出や、様々なRPAツールの技術習得を行いました。そしてトライアンドエラーを繰り返しながら、最終的には現場のRPA 運用担当者が「自走」式でメンテナンスができる体制を構築。このようにRPAを運用しながら改善を加え、現在では月間1,000 体、時間数にして約30,000 時間分のアクティブなロボットを運用するに至りました。

 そこで、現在多くの企業が抱えている「RPAの運用がうまくいかない」、「これからどのようにRPAを導入、活用していくか」といった課題を解決すべく、私たちの経験を本書で余すことなく公開できればと思っています。
 RPAはうまく運用すれば業務効率化、コスト削減、生産性向上など様々なメリットを生み出すことができます。しかしながら運用に問題があると、効率化どころか負荷を増やしてしまう結果につながりかねません。
 私たちはRPAの恩恵を受けているからこそ自信をもってRPAの導入を推奨できます。こうした私たちの過去の苦労や失敗を元にした運用方法をお伝えすることで、本書を手に取っていただいた皆さんの一助になれば幸いです。

■章構成
第1章 RPAの現状
第2章 RPA 導入時によくある悩み
第3章 RPA 導入判断
第4章 RPA 推進体制 「RPA自走集団」の作り方
第5章 BPRを考慮した本格導入のRPA設計
第6章 AIと連携する今後のRPA
第7章 まとめ RPA 導入成功の秘訣

●巻末特別資料「お勧めRPAツール選定フローチャート」

目次

第1章 RPAの現状
第2章 RPA 導入時によくある悩み
第3章 RPA 導入判断
第4章 RPA 推進体制 「RPA自走集団」の作り方
第5章 BPRを考慮した本格導入のRPA設計
第6章 AIと連携する今後のRPA
第7章 まとめ RPA 導入成功の秘訣

●巻末特別資料「お勧めRPAツール選定フローチャート」

著者プロフィール

清水 亮  (シミズ リョウ)  (著/文

清水 亮

 大学卒業後、日本電信電話株式会社に入社。その後ソフトバンクコマース(当時)へ転職。ソフトバンクグループ会社統合を経て、ソフトバンク株式会社 カスタマーケアオペレーション本部 営業推進統括部 統括部長(現職)として全国約3,500店舗のソフトバンクおよびワイモバイルショップの店頭システムの企画・設計を行う。また、所属組織のコールセンターにおけるRPA導入/推進業務に従事。SBモバイルサービス事業開発本部長を兼務し、RPA推進および販売を行う。

 共著・『徹底解説RPAツール WinActor導入・応用完全ガイド』(2019年4月、秀和システム)
 共著・『Ver.6.1対応 徹底解説RPAツール WinActor導入・応用完全ガイド』(2019年 9月、秀和システム)

枡田 健吾  (マスダ ケンゴ)  (著/文

枡田 健吾

 大学卒業後、イー・アクセス株式会社へ入社。EMOBILEブランドの携帯電話事業立ち上げに参画。2013年1月経営統合によりソフトバンク株式会社へ入社。同社においてコンシューマ部門のシステム企画部門を経て、2018年3月より所属本部のRPA推進責任者としてRPA導入・運用を担当。2018年11月、同子会社のSBモバイルサービス株式会社へ兼務出向を行い、RPAのノウハウを導入支援・研修サービスとして販売する新規事業の立ち上げを行う。

 共著・『徹底解説RPAツール WinActor導入・応用完全ガイド』(2019年4月、秀和システム)
 共著・『Ver.6.1対応 徹底解説RPAツール WinActor導入・応用完全ガイド』(2019年 9月、秀和システム)

近江 幸吉  (オウミ コウキチ)  (著/文

近江 幸吉

 大学卒業後、(旧)ソフトバンクBB株式会社に入社。約9年間、家電量販店の最前線でブロードバンドやスマホ普及業務に従事。その後、社内業務に軸足を移して、主に店頭販売クルーが利用するシステム中心に運用・企画に携わる。社内業務で得たプログラミングや自動化の知見を活かしRPA事業に参画、現在に至る。

 共著・『徹底解説RPAツール WinActor導入・応用完全ガイド』(2019年4月、秀和システム)
 共著・『Ver.6.1対応 徹底解説RPAツール WinActor導入・応用完全ガイド』(2019年 9月、秀和システム)

石毛 博之  (イシゲ ヒロユキ)  (著/文

石毛 博之

 大学卒業後、ソフトバンク株式会社に入社。カスタマーセンターにてスマートフォン及びブロードバンドのお客様対応、オペレーション管理業務に従事。その後、ブロードバンドの営業支援部署にて実績レポート作成や販売支援企画推進の経験を経て、RPA事業の推進に参画。現在は、子会社のSBモバイルサービス株式会社にてWinActorをはじめとするRPAツールに関する外部向け研修サービスの拡販などを実施。

上記内容は本書刊行時のものです。