版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
レジェンド男優の食事術 田淵正浩(著/文) - 秀和システム
..

レジェンド男優の食事術

四六判
縦188mm 横128mm 厚さ14mm
208ページ
定価 1,400円+税
ISBN
9784798061542
Cコード
C0095
一般 単行本 日本文学、評論、随筆、その他
出版社在庫情報
不明
初版年月日
2021年1月19日
書店発売日
登録日
2020年12月2日
最終更新日
2021年1月16日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

50歳を超えた今でも現役を貫ける秘密とは?

レジェンド男優として業界内で尊敬を集める著者は、
50代になった今でも現役を貫いています。

過酷な撮影現場では若手の男優ですら、
「1日に1回で限界」という人が少なくない中、
著者の資本となる体を支えている秘訣は食事にありました!

食生活を変えたことで現役の寿命が大幅に延びた

若いころはストレス食いを重ねていた著者ですが、
20代のころには早くも精力の減退が見られたそうです。

そこで暴飲暴食の悪習を改める一方、
数々の書籍を読み専門のセミナーに通った結果、
独自の食事術を確立しました。

その結果、同期の方々が引退した今でも、
AV男優として旺盛な活動ができています。

取り組みやすく、長続きしやいメソッドが大半

肉体が資本のハードな業界において、食事を中心とした健康法を確立し、
実践してきた著者のメソッドには、一定の説得力と実際の効果が期待できます。

その食事術も、ナチュラルハイジーンを基本にした
「消化→排泄→食事を心がける」など、
一部には専門的な食事術を取り入れていますが、
メインはどれも取り組みやすいものばかりです。

「砂糖を少し控える」「塩でしめすぎない」
「水は水道水で十分」「ながら食いをしない」
「アルコールも肉類もOK」「食べる時間帯を決める」
「朝は果物と水のみ」「炭水化物も普通に食べていい」

本書は類書と違って「NG」としているものがありません。
誰にでも実践できるもの、長続きできそうなものがほとんどです。
著者が自分の体で長年“効果証明”し続けてきた食事術を伝授します!

【目次】
はじめに 食生活を見直したことで私は変わった
 
第1章 食べ物よりも食べ合わせと食事時間が重要
◎1日を3つの時間帯「排泄→食事→消化」で考える
◎「朝は食べなくてもいい」と言える理由とは?
◎食事時間は「お腹が空いたとき」
 
第2章 間違いだらけの食材選び、「正解」はこれだ!
◎火を通さない、生食で!
◎野菜は「旬のものをいただく」が鉄則
◎果物のベースは「みかん」や「りんご」

第3章 「何を食べるか」だけではなく「どう食べるか」
◎スマホをオフにして「ながら食べ」禁止
◎早食いは控えて「最低20分」は食事時間とする
◎骨盤を立てて食べれば「食べ過ぎ」が減る

第4章 じつは食べていけないものは、ほとんどない
◎ミネラルウォーターではなく水道水で十分
◎唯一、加工食品を「できるだけNG」にする理由
◎ジュースは市販品ではなく手作りを1日1杯

第5章 夜の「性活」が楽しくなれば、朝も疲れなく快適になる

◎夜の「性活」に向けてお酒は飲んでいい
◎カルビもウナギもOK。脂はセックスの燃料
◎野菜も有効! ネギや根菜などで性力増強を

おわりに 食事を変えれば日本人が変わり、日本が変わる

目次

はじめに 食生活を見直したことで私は変わった
 「ナチュラル・ハイジーン」で復活した精力
 50歳を過ぎて今なお現役でいられる理由とは?
 ほどほどの「ゆるさ」がある食事術

第1章 食べ物よりも食べ合わせと食事時間が重要

◎1日を3つの時間帯「排泄→食事→消化」で考える
 野菜、それも生野菜を食事の中心に据えよう
 炭水化物+タンパク質の組み合わせは避ける
 「満腹感」ではなく「噛む回数」を目安に
 コラム① 週末だけ田淵式でやってみる

◎「朝は食べなくてもいい」と言える理由とは?
 果物は別、朝は「フルーツと水」のみ
 グレイシーも柑橘類の食べ合わせを禁止している

◎食事時間は「お腹が空いたとき」
 夕食は20時までには済ませたい
 ハードなAV男優の仕事も「朝は水だけ」でOK

第2章 間違いだらけの食材選び、「正解」はこれだ!

◎火を通さない、生食で!
 生食が苦手な方は「気軽な」低温調理を
 
◎野菜は「旬のものをいただく」が鉄則
 夏野菜、なかでも「スイカ」はおすすめ
 コラム② 野菜や果物でミネラルを摂る

◎果物のベースは「みかん」や「りんご」
 それでもお腹がすく人はバナナもアリだが……

◎和食は塩気が多い! 塩を摂り過ぎないこと
 マクロビオティックも塩分過多の人が多い?
 朝を「水+果物」だけにすれば塩分は減る

◎小麦はよくない。炭水化物は米中心で
 白米を避けて蕎麦を選んだ江戸庶民の冴え
 コラム③ 小腹が減ったら「するめ」がおススメ

第3章 「何を食べるか」だけではなく「どう食べるか」

◎田淵式に「絶対はない」理由とは?

◎スマホをオフにして「ながら食べ」禁止
 食材に感謝することで思わぬ効果が生まれる
 
◎早食いは控えて「最低20分」は食事時間とする
 「まだある!」食材への感謝による効果
 よく噛むことで「塩分」まで調整できる
 コラム④ 白米は30回、玄米は50回噛む

◎骨盤を立てて食べれば「食べ過ぎ」が減る
 お腹に「不要な余裕」を与えていませんか?

◎夜のつき合いが多い人は日曜日を「断食デイ」に
 お酒や会食を楽しんだ後の「処方箋」

◎プラシーボ効果は食生活に重要
 ポジティブな気持ちで食事と向き合う

第4章 じつは食べていけないものは、ほとんどない

◎ミネラルウォーターではなく水道水で十分
 水は「何を飲む」かより「どう飲むか」

◎運動している人なら多少の食べ過ぎも問題ない
 コラム⑤ 人間も「動き続ける」ことが自然な状態

◎「知らぬ間にNG?」アレルギー検査は必須
 マツタケにかぶりついて卒倒したAV監督
 
◎唯一、加工食品を「できるだけNG」にする理由
 加工食品だけを並べた食卓にしない

◎ジュースは市販品ではなく手作りを1日1杯
 「時間なくて手作りはムリ」という方こそおすすめ

第5章 夜の「性活」が楽しくなれば、朝も疲れなく快適になる

◎夜の「性活」に向けてお酒は飲んでいい
 とくに「赤ワイン」は気分・性欲が高まる
 コラム⑥ 冷たい飲み物は性欲を抑制する?
 
◎カルビもウナギもOK。脂はセックスの燃料
 性欲を盛り上げたいのか、抑えたいのか
 コラム⑦ なぜマグロには要注意なのか?
 
◎野菜も有効! ネギや根菜などで性力増強を
 サラサラの血液が「性活」の潤滑油に
 コラム⑧ おすすめの調味料は「酢」

◎「いざ」というとき、すっぽんも効果あり
 「性活改善」には食生活の見直しも大切

◎精力剤は高価なほうが「効き」はいい
 コラム⑨ 田淵式の食事でモテるようになる?

おわりに 食事を変えれば日本人が変わり、日本が変わる

著者プロフィール

田淵正浩  (タブチマサヒロ)  (著/文

田淵正浩(たぶち・まさひろ)
AV男優。1967年生まれ。1990年にデビューし、2019年には現役30年を迎えた。現在活躍するわずか80人ほどの男優のなかでも、その伝説的なキャリアから「レジェンド」と呼ばれ、業界トップ雑誌では最優秀男優賞を受賞。これまでに1万人以上の女性と共演し、平均して毎日1人とセックスをしてきた計算となる。もともとは体力もなく、暴飲暴食を重ねる悪癖もあったが、過酷なAV業界で生き残るために食生活を中心に見直しを図った独自の健康法を考案し、実践。30歳のころよりも、心と体が強くなっているという。その知識と経験を伝えるために、さまざまな講座やワークショップを開催。雑誌、テレビ、ウェブ番組などのメディアにも出演。健康指導士の肩書を持ち、多方面で活躍している。
主な著書に『おとな48手』(アスコム)、共著には『男ノ作法』(徳間書店)がある。

上記内容は本書刊行時のものです。