版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
つまらない絵と言われないための イラスト構図の考え方 榎本秋(著/文) - 秀和システム
..
詳細画像 0

つまらない絵と言われないための イラスト構図の考え方

A5判
224ページ
定価 1,600円+税
ISBN
9784798053004
Cコード
C2093
実用 単行本 日本文学、小説・物語
出版社在庫情報
不明
書店発売日
登録日
2018年2月1日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

 構図が思いつかない!
 パクリと言われたくない!

そんな悩みをすっきり解決します。

・あのライトノベルイラストの構図の意図は? ・日の丸構図にする意味? 三角構図にする意味は? ・キャラクター シチュエーション 世界観 など何も考えずに描き始めていない?
理屈がわかると見えてくるものがある。

--
きみの絵は構図が悪いね。その絵あの構図のパクリじゃない? と言われたことがありませんか?
イラスト絵師には、構図の悩みはつきものです。「構図が思いつかないんです」と悩んでいる人のための、そんな悩みがすっきり解決する本です。この本を読んだから、もう構図には悩んだりしない!

目次

1章 構図の重要性
そもそも構図って?
構図を考えないとどうなる?
キャラクターのポーズパターン
配置のパターン
背景のパターン
結局どうすればいいの?

2章 描きたいもののストーリーを考えてみよう
設定を考えよう 〈キャラクター〉
設定を考えよう 〈キャラクターの関係性〉
設定を考えよう 〈舞台設定〉
シチュエーションを考えよう
もっとも輝く組み合わせは?
前後はなにをしている?
前後を文章化する
コラム:キャラクターデザインのコツ

3章 実際に描いてみる
ラフを描いてみる
コラム:カラーツール
構図をつくるための一般的な基礎知識
コラム:デッサンの練習法
どの見せ方が一番効果的か
コラム:写真を撮ろう
なにを置く?
賑やかな配置・静かな配置
ビューポイント
人間関係を配置する
位置関係が与える印象
ストーリーの一瞬を切り取る
ポーズで見せるストーリー
コラム:演劇や舞台を観よう
目線について
ジャンル別構図チョイス
コラム:表紙イラストのススメ
書店で構図の分析をしよう

4章 挿絵を描いてみよう
サンプル①
サンプル②
サンプル③
サンプル④

5章 カラー
カラーが与える印象
構図とカラーを組み合わせる
差し色について
色のバランス
モノクロに変換してみよう

6章 メイキング
STEP1〈どんなイラストを描こう?〉
STEP2〈STEP1をまとめる〉
STEP3〈設定をつめる〉
キャラクターの関係性/舞台設定
STEP4〈絵にするシチュエーションを決める〉
STEP5〈前後を文章化する〉
STEP6〈キャラクターデザイン・カラーリング〉
STEP7〈構図を模索する〉
STEP8〈色調を決める〉
STEP9〈塗り作業〉
同じ線画で違う色を塗ってみよう

7章 イラストにもアイデアが必要
ネタやモチーフは降って湧いてこない
アイデア収集コンテンツ① 本(フィクション)
アイデア収集コンテンツ② 本(ノンフィクション)
アイデア収集コンテンツ③ 本(専門書・雑学本)
アイデア収集コンテンツ④ 映画・ドラマ
アイデア収集コンテンツ⑤ テレビ番組
アイデア収集コンテンツ⑥ 美術館・博物館・歴史資料館
アイデア収集コンテンツ⑦ ゲーム
アイデア収集コンテンツ⑧ インターネット
アイデアを膨らませる
付録:ポートフォリオを作ってみよう

著者プロフィール

榎本秋  (エノモトアキ)  (著/文

文芸評論家。二松学舎大学非常勤講師。大阪アミューズメントメディア専門学校、東放学園映画専門学校、アミューズメントメディア総合学院、専門学校日本マンガ芸術学院、専門学校日本デザイナー芸術学院仙台校などで講師を務める一方、作家事務所を経営。主な著作に『ライトノベルのための正しい日本語』(秀和システム)、『ライトノベル新人賞の獲り方』(総合科学出版)など。本名(福原俊彦)名義の時代小説も合わせると関わった本は150冊を数える。

鳥居彩音  (トリイアヤネ)  (著/文

書籍編集を得意とし、一方で執筆も行う。東放学園映画専門学校、専門学校日本マンガ芸術学院などで講師を務める。

上記内容は本書刊行時のものです。