版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊
法と哲学 第5号 井上 達夫(責任編集) - 信山社出版
.
【利用不可】

書店員向け情報 HELP

法と哲学 第5号 (ホウトテツガクダイゴゴウ)

社会科学
このエントリーをはてなブックマークに追加
発行:信山社出版
菊変形判
縦222mm 横154mm 厚さ13mm
248ページ
並製
定価 3,400円+税
ISBN
978-4-7972-9865-9   COPY
ISBN 13
9784797298659   COPY
ISBN 10h
4-7972-9865-0   COPY
ISBN 10
4797298650   COPY
出版者記号
7972   COPY
Cコード
C3332  
3:専門 3:全集・双書 32:法律
出版社在庫情報
在庫あり
初版年月日
2019年6月20日
書店発売日
登録日
2019年6月14日
最終更新日
2019年6月25日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

◆学術世界の未来を拓く、研究雑誌。本号も、第一線の執筆陣が一堂に集い、〈面白き学知〉を創発◆
東京五輪を前に特集として喫煙を取り上げ(「タバコ吸ってもいいですか?」)、哲学的見地から「喫煙規制と自由の相剋」を、3人の論者が考究(奥田、後藤、亀本)。井上の巻頭言は、国民投票について考える「虚偽が真実に勝つのか?〔続篇〕」。一般論説(小川、宋)2編と、書評+応答的書評の3編(安藤、小林、瀧川)も益々充実。法と哲学のシナジーによる〈面白き学知〉の創発を目指す。

目次

『法と哲学第5号』井上達夫(東京大学大学院法学政治学研究科教授) 責任編集

【目  次】

【巻頭言】 虚偽が真理に勝つのか?〔続篇〕―国民投票を糾弾する「民主主義者」たちの知的倒錯―〔井上達夫〕

◇特集 タバコ吸ってもいいですか?―喫煙規制と自由の相剋―◇

1 喫煙規制強化に関する倫理学的考察―禁煙の自由を擁護する〔奥田太郎〕
 Ⅰ 喫煙規制の現状
 Ⅱ 喫煙規制強化の倫理的正当性
 Ⅲ 喫煙規制強化に隠された倫理的問題

2 医療経済学の立場から見た喫煙行動と喫煙対策〔後藤 励〕
 Ⅰ ニコチン依存に対する医学的な見方
 Ⅱ 経済学から見たアディクション
 Ⅲ アディクションの経済理論と喫煙対策

3 ある喫煙者の反省文〔亀本 洋〕
 Ⅰ 喫煙の自由から病気へ
 Ⅱ 嫌煙権訴訟
 Ⅲ 危害原理と権利
 Ⅳ 公衆衛生の立場
 Ⅴ 喫煙をめぐる社会情勢の変化
 Ⅵ 喫煙者の現在

【一般論説】
1 どこまでも主観的な解釈の方法論―規則のパラドックス・暴露論法・説明主義論証〔小川 亮〕
 Ⅰ 序  論
 Ⅱ 規則のパラドックス
 Ⅲ 暴露論法
 Ⅳ 循環した正当化の擁護
 Ⅴ 結  語

2 擬装から公民へ―ホッブズ主権論における遵法的良心の生成〔宋 偉男〕
 Ⅰ 良心なき良心という謎
 Ⅱ リヴァイアサンと中性国家
 Ⅲ 「良心の自由」か「宗教的擬装」か
 Ⅳ 「共に知ること」への誘惑
 Ⅴ 結  語

【書  評】 
1 分析的政治哲学の行方―井上彰『正義・平等・責任』を評して(岩波書店,2017年)〔安藤 馨〕
 Ⅰ 政治哲学の方法と概念分析
 Ⅱ 平等の道徳的意義の基礎づけ
 Ⅲ 非個人的価値としての平等
 Ⅳ 正義の問題

2 形相・質料・関係―山内志朗教授の書評への返答として〔小林 公〕

3 地球共和国とその実現可能性について―宇野重規氏への応答〔瀧川裕英〕
 Ⅰ はじめに
 Ⅱ 哲学的アナキズムに対して
 Ⅲ 問題の重層性
 Ⅳ 義務感と義務の齟齬
 Ⅴ 「当為は可能を含意する」とは?
 Ⅵ 理念・動機・主体
 Ⅶ 地球共和国へ―権力分立と民主制

上記内容は本書刊行時のものです。