版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
〈被爆者〉になる 高山 真(著) - せりか書房
...

〈被爆者〉になる 変容する〈わたし〉のライフストーリー・インタビュー

このエントリーをはてなブックマークに追加
発行:せりか書房
縦190mm
319ページ
価格情報なし
ISBN
978-4-7967-0353-6   COPY
ISBN 13
9784796703536   COPY
ISBN 10h
4-7967-0353-5   COPY
ISBN 10
4796703535   COPY
出版者記号
7967   COPY
 
出版社在庫情報
不明
初版年月日
2016年7月
登録日
2016年9月15日
最終更新日
2016年9月15日
このエントリーをはてなブックマークに追加

書評掲載情報

2016-09-16 週刊読書人
評者: 好井裕明=日本大学文理学部教授・社会学・エスノメソドロジー専攻

紹介

ある「語り部」とのインタビューをつづける"わたし"は、彼が「被爆者になる」という語りで表現しようとする生きかたに関心を抱いた。すでに被爆者であるはずの彼は、なぜ「被爆者になる」と語るのだろうか。ロバート・リフトン、石田忠、米山リサらによる優れた先行研究に導かれ、長崎の被爆による極限的な体験をした人々の記憶をいかに後世に伝えるかに苦闘する三人の"語り部"への一〇年にわたるインタビューをとおして、"語りえない"心の痛みを抱えながらどのように日常を生きていくことができるのか、かれら被爆者の存在に限りなく迫る渾身のライフストーリー作品である。

目次

序論 "わたし"という視座からアプローチ
第1章 "語りえないもの"と記憶の語り
第2章 「長崎」の記憶の地図
第3章 「被爆体験」身体的複製
第4章 被爆体験の言説化
第5章 「被爆者になる」ということ

上記内容は本書刊行時のものです。