版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
本当に大切なことが1冊でわかる脳神経 東海大学医学部付属八王子病院看護部(著/文 | 編集) - 照林社
..
詳細画像 0 詳細画像 1

本当に大切なことが1冊でわかる脳神経

発行:照林社
B5判
縦260mm 横184mm 厚さ27mm
重さ 960g
512ページ
定価 3,400円+税
ISBN
9784796524841
Cコード
C3047
専門 単行本 医学・歯学・薬学
出版社在庫情報
不明
初版年月日
2020年4月15日
書店発売日
登録日
2020年2月28日
最終更新日
2020年4月1日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

各科で必要な看護師としての基本的な知識を1冊に凝縮した診療科別書籍の決定版の第2弾は脳神経。
看護情報サイト「看護roo!」とのコラボレーションで、看護師2,000人へのアンケートをもとに、
看護師が看護のためにつくった1冊です。
深く勉強するための本編(368頁)+病棟での携帯・即時性を重視した別冊(144頁)の2部構成。

目次

[本編]しっかり勉強するための1冊(368頁)
第1章 脳神経看護で大切なこと
 脳神経看護でみる患者さんってどんな人
 脳神経看護で大切なことは?
 脳神経疾患の看護の経過
 脳神経看護の全体像
 脳卒中リハビリテーション
 退院後の生活はどうなる?
 地域医療とチーム医療
第2章 脳神経で必要な解剖生理
 脳の全体像
 大脳のしくみとはたらき
 大脳を支える小脳、脳幹
 神経の全体像
 脳神経のしくみとはたらき
 脊髄神経のしくみとはたらき
 脳血管の全体像
 脳のホルモン分泌
 脳の血流と頭蓋内圧
第3章 脳神経の検査
 脳神経で行う検査の全体像
 フィジカルアセスメント
 画像検査
 生理機能検査
 検体検査
第4章 脳神経疾患の治療
 脳神経で行う治療の全体像
 開頭術
 穿頭術
 ドレナージ
 シャント術
 脳血管内治療
 放射線治療
第5章 脳神経の疾患
 脳神経疾患で重要なリスク因子
 脳血管障害(脳卒中)
  クモ膜下出血の看護の経過
  脳出血の看護の経過
  脳梗塞の看護の経過
  脳血管障害(脳卒中)の全体像
  クモ膜下出血
  脳出血
  脳梗塞(虚血性脳血管障害)
 脳腫瘍
  脳腫瘍の看護の経過
  脳腫瘍の全体像
  神経膠腫(グリオーマ)
  髄膜腫
  下垂体腺腫
 頭部外傷
  急性硬膜外血腫の看護の経過
  急性・慢性硬膜下血腫の看護の経過
  頭部外傷の全体像
  急性硬膜外血腫
  急性硬膜下血腫
  慢性硬膜下血腫
  脳挫傷
 脊髄疾患
  脊髄疾患の看護の経過
  脊髄疾患の全体像
  中枢神経血管炎
  脊髄炎
  脊髄小脳変性症
  その他の脊髄疾患
 末梢神経障害
  末梢神経障害の看護の経過
  ニューロパチー総論
  糖尿病性ニューロパチー
  アルコール性ニューロパチー
  ギラン・バレー症候群
  慢性炎症性脱髄性多発ニューロパチー
  三叉神経痛
  顔面神経痛
  顔面けいれん
 筋・神経筋接合部疾患
  筋神経接合部疾患の看護の経過
  筋ジストロフィー
  多発性筋炎(PM) 皮膚筋炎(DM)
  重症筋無力(MG)
  多系統萎縮症(MSA)
 脱髄・変性疾患
  脱髄・変性疾患の看護の経過
  多発性硬化症(MS)
  筋萎縮性側索硬化症(ALS)
 感染症
  感染症の看護の経過
  脳炎・抗NMPA受容体脳炎
  髄膜炎
  脳膿瘍
 機能性脳神経疾患
  機能性脳神経疾患の看護の経過
  てんかん
  パーキンソン病
 認知症
  認知症の看護の経過
  認知症総論
  アルツハイマー型認知症(AD)
  脳血管性認知症
  レビ-小体型認知症
  前頭側頭型認知症
 内科疾患に伴う神経疾患
  内科疾患に伴う神経疾患の看護の経過
  神経ベーチェット病
  甲状腺機能低下症
  神経サルコイドーシス

[別冊]病棟で携帯する知識(144頁)
第1章 脳神経の検査
 意識のみかた
 呼吸のみかた
 眼のみかた
 徒手筋力検査(MMT)
 バレー徴候、ミンガッツィーニ徴候
 病的反射
 クローヌス
 筋トーヌス
 不随意運動
 姿勢の異常
 歩行の異常
 協調運動
 髄膜刺激症状
 脳脊髄液検査
 痛みのアセスメント
第2章 脳神経疾患の治療
 開頭術
 穿頭術
 ドレナージ術
 神経内視鏡手術
 シャント術
 脳血管内治療
 放射線治療
第3章 脳神経の疾患
 クモ膜下出血
 脳出血
 脳梗塞
 脳腫瘍
 頭部外傷
 脊髄疾患
 中枢神経血管炎
 末梢神経障害(ニューロパチー)
 ギランバレー症候群
 顔面神経麻痺
 多発性筋炎(PM)・皮膚筋炎(DM)
 重症筋無力(MG)
 多系統萎縮症(MSA)
 多発性硬化症(MS)
 筋萎縮性側索硬化症(ALS)
 脳炎・抗NMPA受容体脳炎
 髄膜炎
 脳膿瘍
 てんかん
 パーキンソン病
第4章 脳神経でよく使うくすり
 抗凝固薬
 血栓溶解薬
 抗血小板薬
 脳保護薬
 抗浸透圧利尿薬
 脳出血治療薬
 ステロイド薬
 降圧薬
 脳循環薬・代謝改善薬
 抗がん薬
 非麻薬性鎮痛薬(NSAIDs)
 偏頭痛治療薬
 ホルモン薬
 脊髄小脳変性症治療薬
 重症筋無力症治療薬
 筋萎縮性側索硬化症治療薬
 抗菌薬・抗ウイルス薬・抗結核薬・抗真菌薬
 抗パーキンソン薬
 抗けいれん薬
 筋弛緩薬
 抗認知症薬
第5章 脳神経でよく使う略語

上記内容は本書刊行時のものです。