版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊
批評と生きること : 「十番目のミューズ」の未来 片岡大右(著・文・その他) - 晶文社
.
【利用可】

書店員向け情報 HELP

書店注文情報

在庫ステータス

在庫あり

取引情報

取引取次: ト|ニ|楽天|日教販|博文社   書店
直接取引: なし

出版社への相談

店頭での販促・拡材・イベントのご相談がありましたらお気軽にご連絡ください。

批評と生きること : 「十番目のミューズ」の未来 (ヒヒョウトイキルコト : ジュウバンメノミューズノミライ)

このエントリーをはてなブックマークに追加
発行:晶文社
46
408ページ
価格 2,400円+税
ISBN
978-4-7949-7395-5   COPY
ISBN 13
9784794973955   COPY
ISBN 10h
4-7949-7395-0   COPY
ISBN 10
4794973950   COPY
出版者記号
7949   COPY
Cコード
C0095  
0:一般 0:単行本 95:日本文学、評論、随筆、その他
出版社在庫情報
在庫あり
書店発売日
登録日
2023年11月3日
最終更新日
2023年11月27日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

ギリシア神話の九人のミューズ。それに続く十人目の詩神こそが「批評」。
「批評」と「生きること」の関係を再定義・再構築する試み。
デヴィッド・グレーバー/『鬼滅の刃』/小沢健二/『ゲーム・オブ・スローンズ』/ユク・ホイ/ブレイディみかこ/『ウォッチメン』/加藤周一/ボルタンスキー兄弟……アナキズムからケア、エンパシーまで、多彩な作家・作品世界を題材に、気鋭の批評家が描く「批評」の未来!
「批判または批評は、現在の生を押しつぶすのではなく、それが現に持っている力を正当に認めるとともにいっそう活性化させる方法」。思想、哲学、文学からドラマ、アニメまで、幅広いフィールドで言論活動を続けてきた著者の、初の本格評論集。デヴィッド・グレーバーの翻訳・紹介者として、社会思想、フランス文学の研究者として、そしてポピュラーカルチャーの良き享受者としての活動の集大成にして、「批評と生きること」を再定義する野心的な試み。

"批評と生きること。本書を構成する、分量も分野もまちまちな多様な文章をまとめる作業のなかで、わたしは「批評」あるいは「批判」という行為そのものを主題化し、それと「生きること」――わたしたちがこの世界のなかで生を受け、生を保ち、さらには生きるに値する充実した経験を享受することといったすべての意味において――との関係をめぐる諸問題を、書物全体を緩やかに一貫する問いかけとして提示しようと考えました。"(「序に代えて」より)

目次

批評と生きること――序に代えて
第一部 デヴィッド・グレーバーを読む
はじめに
未来を開く──デヴィッド・グレーバーを読む
「魔神は瓶に戻せない」──デヴィッド・グレーバー、コロナ禍を語る
デヴィッド・グレーバーを追悼する
「神秘的な、楽しい未来」に向けて──デヴィッド・グレーバーを読み続けるために
懐疑的に、けれど「とりあえず信じること」──デヴィッド・グレーバーの死に寄せて
デヴィッド・グレーバーの人類学と進化論
愛とともに読まれるべき美しい書物/デヴィッド・グレーバー『負債論』
第二部 作品とともに生きるための批評
はじめに
「惑星的ミサ」のあとで──『ゲーム・オブ・スローンズ』覚え書き
多様性と階級をめぐる二重の困難──HBO版『ウォッチメン』とそのコンテクスト
『鬼滅の刃』とエンパシーの帝国
マキァヴェッリの精神とフェミニズム的モチーフ──奇妙な国際ベストセラー/ジョージ・R・R・マーティン『炎と血 I・II』
「世界を革命する力」はどこにあるのか/松田青子『持続可能な魂の利用』
『源氏物語』、女性性、近代──創見に満ちた講義/小原眞紀子『文学とセクシュアリティ──現代に読む『源氏物語』』
金井姉妹の新しい桃色の本──危うさをはらんだ美しいかけら/金井美恵子・金井久美子『たのしい暮しの断片』
第三部 批評/批判と社会的なもの
はじめに
中絶合法化と新しい優生学──取り替え可能性と単独性のあいだの胎児と人間/リュック・ボルタンスキー『胎児の条件』
批判の運命と新たな労働編成──ボルタンスキー&シャペロ『資本主義の新たな精神』とその周辺
リュック・ボルタンスキー『批判について』はどのような書物か
社会的なものの問い──アクセル・ホネットの現在
「ユルム街の師」から何が残るのか?──没後四半世紀を経たアルチュセール
メルティング・ポットとしての〈共和国〉?──ジェラール・ノワリエル『フランスという坩堝』
〈黄色いベスト〉と民主主義の未来
第四部 日本とアジアをめぐる問い
はじめに
緊縮の中枢からガラパゴスへの旅──ブレイディみかこ『THIS IS JAPAN』
加藤周一と三島由紀夫
アジアの複数性をめぐる問い──加藤周一、ホー・ツーニェン、ユク・ホイの仕事をめぐって
第五部 歴史のなかの生
はじめに
蜘蛛の策略の世紀は今なお続いているのだろうか──ベルナルド・ベルトルッチ監督『暗殺のオペラ』再上映に寄せて
「世の中の裂け目」はいつだって開く──小沢健二が帰ってきた
人生の時間とその後──展覧会「クリスチャン・ボルタンスキー Lifetime」に寄せて
あとがき──もうひとりの「十番目のミューズ」に寄せて

上記内容は本書刊行時のものです。