版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊
超インテリアの思考 山本想太郎(著・文・その他) - 晶文社
.
【利用可】

書店員向け情報 HELP

書店注文情報

在庫ステータス

在庫あり

取引情報

取引取次: ト|ニ|楽天|日教販|博文社   書店
直接取引: なし

出版社への相談

店頭での販促・拡材・イベントのご相談がありましたらお気軽にご連絡ください。

超インテリアの思考 (チョウインテリアノシコウ)

このエントリーをはてなブックマークに追加
発行:晶文社
46
300ページ
価格 2,200円+税
ISBN
978-4-7949-7387-0   COPY
ISBN 13
9784794973870   COPY
ISBN 10h
4-7949-7387-X   COPY
ISBN 10
479497387X   COPY
出版者記号
7949   COPY
Cコード
C0052  
0:一般 0:単行本 52:建築
出版社在庫情報
在庫あり
書店発売日
登録日
2023年10月3日
最終更新日
2023年11月8日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

「インテリア」というと、家具の選び方であったり、モダン調・ヴィンテージ調といったテイストのことだと理解されることが多い。けれど実際は私たちの生活とインテリアは切っても切り離せないものであり、普段何気なく暮らしている身の回りのすべてがインテリアだといっても過言ではない。
「家づくり」が専門化されることでブラックボックス化されてしまった現代において、「建築」という専門領域と「生活」をつなぐ大気圏としてのインテリア=「超インテリア」という概念のもとに、日本の生活空間、そして都市の姿を新たに提案する。

目次

はじめに
序章 超インテリア時代の到来
建築から超インテリアへ
超インテリア時代の背景①――ソトとウチの解体
超インテリア時代の背景②――「建てるべきではない」社会への移行
超インテリア時代の背景③――「普通さ」の反撃
超インテリア時代の背景④――コミュニケーションの多様化
「建築の大気圏」のなかで超インテリアを感覚する
第一章 超インテリアとモノ
?1 天井はなんの役に立っているのか
?2 トイレにはなぜフタがあるのか
?3 なぜ畳は絶滅しつつあるのか
?4 塀の内側はインテリアか
?5 後付けバルコニーは建築か
?6 木材は自然物といえるのか
?7 なぜガラス空間はモダンなのか
?8 プラスチックは人類を滅ぼすのか
?9 なぜ三匹目の子ぶたはコンクリートで家をつくらなかったのか
?10 スマートフォン、自動運転車、住空間、どれにお金をつぎ込むか
?11 なぜ壁に絵を飾るのか
?12 柱はインテリアの役にたつのか
?13 雑貨は建材なのか
?14 なぜ扉を開け放しにしたら怒られるのか
第二章 超インテリアとコト
?1 リノベーションは新築の劣化版なのか
?2 なぜ古い建物には抗いがたい魅力があるのか――「ノスタルジー」の源泉
?3 インテリアはその場所で完結するものなのか
?4 《中銀カプセルタワービル》はなぜ解体されたのか――都市の端末としてのインテリア
?5 タテとヨコ、どちらから空間をイメージするか
?6 「空気」をどのようにデザインするか
?7 その部屋の20年後が予想できるか
?8 なぜインテリアで地震対策をしなくてはならないのか
?9 家をお店にしてはいけないのか――インテリアと法規
?10 AIと3Dプリンターで空間を自動生成できるか
?11 なぜ屋根にソーラーパネルをのせたいのか――サステイナブル
第三章 超インテリアの思考
超インテリアと総合性
「機能」と「パッケージ」
超インテリアへのアプローチ
超インテリアへのアプローチ①――「現代」を相対化する
超インテリアへのアプローチ②――コミュニケーションの表現
超インテリアへのアプローチ③――制度・形式の辺境へのアクセス
超インテリアへのアプローチ④――新技術による可能性
超インテリアへのアプローチ⑤――入口のデザイン
超インテリアへのアプローチ⑥――対話された空間
結語 超インテリアは情報を減らさない
社会が総合性をもたなければ、AIも総合性をもたない
超インテリアへのアプローチ⑦――情報を減らさない
総合性をデザインする
あとがき

上記内容は本書刊行時のものです。