版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
語り芸パースペクティブ 玉川奈々福(著/文 | 編集) - 晶文社
..

語り芸パースペクティブ かたる・はなす・よむ・うなる

芸術
このエントリーをはてなブックマークに追加
発行:晶文社
A5判
縦210mm 横149mm 厚さ31mm
530ページ
定価 2,700円+税
ISBN
978-4-7949-7257-6   COPY
ISBN 13
9784794972576   COPY
ISBN 10h
4-7949-7257-1   COPY
ISBN 10
4794972571   COPY
出版者記号
7949   COPY
 
Cコード
C0076
一般 単行本 諸芸・娯楽
出版社在庫情報
不明
初版年月日
2021年3月29日
書店発売日
登録日
2021年3月5日
最終更新日
2021年3月26日
このエントリーをはてなブックマークに追加

書評掲載情報

2021-05-01 朝日新聞  朝刊

紹介

絢爛豪華!
節談説教、ごぜ唄、説経祭文から義太夫、講談、能、
落語、浪曲――そしてラップまで。

想像[イメージ]の世界にこめられた熱い生命の息吹。
今を生き抜く語り芸の語られざる深層を掘り起こす冒険的講演録。

伝統芸能が不思議なほどに多い国。
とりわけ「語り芸」の多い国。
視覚優位の現代で、聴く力、想像する力を要する芸が、
かほど多様に受け継がれ、生き残っているのはなぜか。
今聞きうる語り芸の第一人者を招き、実演とともに
それぞれの芸がどのような土壌から生まれ、どんな特色を持ち、
それらを担い、享受した人々たちはどのような存在だったのか
を引き出す。

【目次】
第1章:語り芸の水脈    篠田正浩(映画監督)             
第2章:節談説教      廣陵兼純(布教師・満覚寺住職)
              釈徹宗(相愛大学教授・如来寺住職)
第3章:ごぜ唄、説経祭文   渡部八太夫(説経祭文)
              萱森直子(ごぜ唄)
第4章:義太夫節      豊竹呂勢太夫(人形浄瑠璃文楽 太夫)
              鶴澤藤蔵(人形浄瑠璃文楽 三味線)
              ・児玉竜一(早稲田大学教授)
第5章:講談        神田愛山(講談師・東京)
              旭堂南海(講談師・上方)    
第6章:女流義太夫     竹本駒之助(女流義太夫・太夫)
              鶴澤寛也(女流義太夫・三味線)
第7章:能         安田登(能楽師・下掛宝生流ワキ方)
              槻宅聡(能楽師・森田流笛方)     
第8章:上方落語      桂九雀(落語家)
              小佐田定雄(落語作家・演芸作家)      
第9章:浪曲        澤孝子(浪曲師 曲師:佐藤貴美江)
              玉川奈々福(浪曲師 曲師:沢村豊子)
              稲田和浩(浪曲作家・演芸研究家)
第10章:落語        三遊亭萬橘(落語家)
              和田尚久(放送作家・演芸研究家) 
第11章:ラップと謡     安田登(能楽師)
              いとうせいこう(作家)    

目次

第1章:語り芸の水脈    篠田正浩(映画監督)             
第2章:節談説教      廣陵兼純(布教師・満覚寺住職)
              釈徹宗(相愛大学教授・如来寺住職)
第3章:ごぜ唄、説経祭文   渡部八太夫(説経祭文)
              萱森直子(ごぜ唄)
第4章:義太夫節      豊竹呂勢太夫(人形浄瑠璃文楽 太夫)
              鶴澤藤蔵(人形浄瑠璃文楽 三味線)
              児玉竜一(早稲田大学教授)
第5章:講談        神田愛山(講談師・東京)
              旭堂南海(講談師・上方)    
第6章:女流義太夫     竹本駒之助(女流義太夫・太夫)
              鶴澤寛也(女流義太夫・三味線)
              児玉竜一(早稲田大学教授)
第7章:能         安田登(能楽師・下掛宝生流ワキ方)
              槻宅聡(能楽師・森田流笛方)     
第8章:上方落語      桂九雀(落語家)
              小佐田定雄(落語作家・演芸作家)      
第9章:浪曲        澤孝子(浪曲師 曲師:佐藤貴美江)
              玉川奈々福(浪曲師 曲師:沢村豊子)
              稲田和浩(浪曲作家・演芸研究家)
第10章:落語        三遊亭萬橘(落語家)
              和田尚久(放送作家・演芸研究家) 
第11章:ラップと謡     安田登(能楽師)
              いとうせいこう(作家)    

著者プロフィール

玉川奈々福  (タマガワナナフク)  (著/文 | 編集

東京を拠点に活躍する浪曲師。1994年10月、日本浪曲協会主宰三味線教室に参加。
1995年に曲師で玉川福太郎門下に。師の勧めにより2001年から浪曲師修業を始め、
以降、木馬亭での定席、勉強会のほか、多くの独演会やイベントで企画・出演。
精力的に浪曲の魅力を伝える実力派。平成30年度文化庁文化交流使として、イタリア、
スロベニア、オーストリア、ハンガリー、ポーランド、キルギス、ウズベキスタン
の七か国で公演を行った。中国、韓国でも公演を行った。第11回伊丹十三賞受賞。
近刊に『浪花節で生きてみる!』(さくら舎)がある。

上記内容は本書刊行時のものです。