版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
吉本隆明全集25 吉本隆明(著/文) - 晶文社
..

吉本隆明全集25 第25巻 1987-1991

全集
このエントリーをはてなブックマークに追加
発行:晶文社
A5判
640ページ
定価 6,800円+税
ISBN
978-4-7949-7125-8   COPY
ISBN 13
9784794971258   COPY
ISBN 10h
4-7949-7125-7   COPY
ISBN 10
4794971257   COPY
出版者記号
7949   COPY
 
Cコード
C0395
一般 全集・双書 日本文学、評論、随筆、その他
出版社在庫情報
不明
初版年月日
2021年4月
書店発売日
登録日
2021年4月9日
最終更新日
2021年4月9日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

初期ヴェイユの考えにそっとじぶんの考えをブレンドし、いたましいヴェイユの貌を描き出した『甦えるヴェイユ』、『最後の親鸞』以降に親鸞について考えたことをまとめた『未来の親鸞』などを収める。単行本未収録5篇。月報は三上治氏、赤坂憲雄氏、ハルノ宵子氏が執筆。第26回配本。

目次


十七歳


甦るヴェイユ
 Ⅰ 初期ヴェイユ 
 Ⅱ 革命と戦争について 
 Ⅲ 工場体験論 
 Ⅳ 痛みの神学・心理・病理 
 Ⅴ 労働・死・神 
 Ⅵ 最後のヴェイユ 
 あとがき 
 新書版のためのあとがき


未来の親鸞
 変容論 三願転入 親鸞思想の到達点
 浄土論 正定聚の位 ほんとの〈死〉からの言葉
 自然論 善悪の転倒 親鸞の声にならない声
 還相論 二つの慈悲 比喩としての親鸞
 解体論 理念と思想 未来に生きる親鸞
 あとがき


情況への発言――さまざまな反応――[一九九〇年三月]
写真術のはじまり
魔術師のうしろから
魔術師からおくれて
弔辞――菅谷規矩雄――
つぶやきにのる俳句
小栗康平監督『死の棘』
戦時中の恋愛心理ドラマ――『暖流』について――
月島の思い出
現在の東京
変容する都市空間
アメリカの勘違い[ニッポンの現在1]
動機なき親殺し[ニッポンの現在2]
世界転向論
病院のこと
国際連合平和協力法案と憲法第九条[ニッポンの現在3]
一九九〇年、巨人の椿事[ニッポンの現在4]
即位礼と大嘗祭の副産物[ニッポンの現在5]
三島由紀夫「檄」のあとさき


スティーヴン・ジェイ・グールド『ニワトリの歯』
磯田光一『永井荷風』
村上春樹『ダンス・ダンス・ダンス』
アラン・ブルーム『アメリカン・マインドの終焉』
中沢厚『石にやどるもの』
石川九楊書『歎異鈔―その二十の形象喩』
丸山健二『水の家族』
丸山静『熊野考』
鷲田清一『モードの迷宮』
山本昌代『デンデラ野』
ジャン=ピエール・シャンジュー『ニューロン人間』 
荒木経惟写真集『写真論』
ルネ・ジラール『邪な人々の昔の道』
齋藤慎爾『秋庭歌』
江藤淳『昭和の文人』
『三島由紀夫評論全集』
モーリス・メルロ=ポンティ『見えるものと見えないもの』
古井由吉『仮往生伝試文』
西郷信綱『古事記注釈』
前田英樹編・訳・著『沈黙するソシュール』
『トロツキー自伝』
ユルゲン・ハーバマス『近代の哲学的ディスクルス』
ジャック・デリダ『シボレート――パウル・ツェランのために』
H・S・サリヴァン『精神医学は対人関係論である』
盛田隆二『ストリート・チルドレン』
木山捷平『大陸の細道』
藤田博史『精神病の構造――シニフィアンの精神病理学』 
『昭和家庭史年表』
水村美苗『續 明暗』
飯島洋一『光のドラマトゥルギー――20世紀の建築』 
フェリックス・ガタリ『機械状無意識』
『牧野伸顕日記』
ダニエル・パウル・シュレーバー『ある神経病者の回想録』


川端要壽『春日野清隆と昭和大相撲』序文
まれな批評的存在[磯田光一]
稀有なつよい生活の意志力[永瀬清子]

吉本隆明語録 一九九〇年―夏―

『天皇制の基層』あとがき
習熟と持続
対話について
『吉本隆明「五つの対話」』あとがき
『柳田国男論集成』あとがき
『島尾敏雄』あとがき
『試行』第六九号後記

解題(間宮幹彦)

著者プロフィール

吉本隆明  (ヨシモトタカアキ)  (著/文

吉本隆明(よしもと・たかあき)
1924年、東京・月島生まれ。詩人、文芸批評家、思想家。東京工業大学工学部電気化学科卒業後、工場に勤務しながら詩作や評論活動をつづける。日本の戦後思想に大きな影響を与え「戦後思想界の巨人」と呼ばれる。2012年3月16日逝去。

上記内容は本書刊行時のものです。