版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
死者が立ち止まる場所 マリー・ムツキ・モケット(著/文) - 晶文社
..

死者が立ち止まる場所 日本人の死生観

発行:晶文社
四六判
374ページ
定価 2,500円+税
ISBN
9784794969149
Cコード
C0095
一般 単行本 日本文学、評論、随筆、その他
出版社在庫情報
不明
書店発売日
登録日
2015年12月28日
最終更新日
2015年12月28日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

日本人の母とアメリカ人の父の間に生まれた著者は、子どものときから母とともに日本各地を旅していた。父をなくし、その喪失から立ち直ることができずにいたとき、海の向こうで東日本大震災が起きた。
人はどのように死者を送り、親しい人の死を受け入れていくのか。仏教は答えをくれるのか? 
被災地をはじめ、永平寺、高野山、恐山などをめぐり、盆踊り、精霊流し、お盆の行事などを訪ね歩きながら、著者は少しずつ心の折り合いをつけていく。
ふたつの祖国をもつ著者の、死をめぐる日本文化論であり、日本旅行記でもある。

目次

序章 

1.大災害
2.寺
3.お別れ
4 冬の悪魔
5 春爛漫
6 日本列島の仏陀
7 ともに座して
8 ともに食して
9 小さなプリンセス
10 原子の分離
11 死者のゆくえ
12 あの世
13 夏の訪問者
14 霊との告別
15 秋の紅葉
16 盲目の霊媒
17 ダース・ベイダー
18 あの世からのメッセージ

謝辞
訳者あとがき


著者プロフィール

マリー・ムツキ・モケット  (マリー ムツキ モケット)  (著/文

著者は日本人の母とアメリカ人の父の間に生まれた。カリフォルニアで育ち、コロンビア大学を卒業後、作家として活躍している。「ナショナル・ジオグラフィックス」などに寄稿。また2013年にはNHKのドキュメンタリー「亡き人の魂とともに」などに出演。

高月園子  (タカツキソノコ)  (翻訳

東京女子大学卒業。在英25年。ラトレル&ロビンソン『アフガン、たった一人の生還』、レベッカ・ソルニット『災害ユートピア』、イゼルディン・アブエライシュ『それでも、私は憎まない』、(亜紀書房)、『戦禍のアフガニスタンを犬と歩く』(白水社)、リン・シェール『なぜ人間は泳ぐのか?』(太田出版)など多数の翻訳を手がけ、エッセイには『ロンドンはやめれらない』(新潮文庫)などがある。

上記内容は本書刊行時のものです。