版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
偶然の装丁家 矢萩多聞(著/文) - 晶文社
..
就職しないで生きるには21

偶然の装丁家

発行:晶文社
B6判
288ページ
定価 1,500円+税
ISBN
9784794968487
Cコード
C0095
一般 単行本 日本文学、評論、随筆、その他
出版社在庫情報
不明
書店発売日
登録日
2015年8月13日
最終更新日
2015年8月13日
このエントリーをはてなブックマークに追加

書評掲載情報

2014-07-27 読売新聞
評者: 若松英輔(批評家)
2014-07-06 朝日新聞
評者: 内澤旬子(文筆家、イラストレーター)
2014-06-08 毎日新聞
2014-06-01 産經新聞

紹介

「いつのまにか装丁家になっていた」――。中島岳志や森まゆみの著作をはじめ、数多くの「本の貌」を手がける矢萩多聞。学校や先生になじめず中学1年で不登校、14歳からインドで暮らし、専門的なデザインの勉強もしていない。ただ絵を描くことが好きだった少年はどのように本づくりの道にたどり着いたのか? 個性的でなければとか、資格を持たなければとかといったような社会の風潮の中、どうしたら自らがのびのびと生きる道を探すことができるのか、居心地のよい「生き方」「働き方」を模索した一冊。

目次

はじめに

1 学校とセンセイ
 先生なんか嫌いだ
 宿題はやりません
 学校に行きたくない
 明るい不登校児
 石井先生との出会い
 ここからはじめよう
 学ぶって、なんて楽しいことだろう
 だれ一人も、とりこぼさない
 学校はもうやめた

2 インドで暮らす
 はじめての外国
 インドの旅で見たこと
 留学するまえに生活しよう
 町がぼくの先生
 町の地図をつくる
 手紙魔の手帳
 病気になるたびに
 暮らすことがヨーガ
 インド映画にはまる
 ずっと雨を待っていた
 空と雲を見て一日がおわる
 生きられるところまで生きよう
 引っ越し
 街の暮らしを楽しむ
 その場にアジャストする
 思いがけず日本語を教える
 語りの家と子どもたち
 ヒンドゥー教徒になる

3 絵を描くこと
 絵を描く人になりたい
 美術はいつも一だった
 ミティラー画との出会い
 個展をやってみよう
 お客さんはきませんよ
 描けないときは、描かない
 時計と絵のコラボレーション
 自分で絵を売っていく
 伝えたいものなんて何もない
 
4 本をつくる仕事
 はじめての本づくり
 本嫌いの本づくり
 安原顯さんとの仕事
 中島岳志さんとの仕事
 一冊の本ができるまで
 目に見えない本を売っている
 竹内敏晴さんとの仕事
 ノイズのある豊かな世界
 ワークショップと多聞新聞
 一杯の水を差しだすように
 本づくりは、はじまったばかり
 
5 日本で暮らす
 家で仕事をするということ
 くすみ書房のこと
 なんでもない場で、コーヒーを飲もう
 インターネット
 子どもの誕生と震災
 どこで暮らすか、何をして働くか
 ポスト3・11の本づくり
 汚れない本と汚れている本
 よそ者を楽しむ
 東京という軸をずらす
 ミシマ社との出会い
 みんなが暮らしていけるために
 えほんをよむかい
 子どもとともに

あとがき

著者プロフィール

矢萩多聞  (ヤハギタモン)  (著/文

1980年、横浜生まれ。画家・装丁家。中学1年で学校をやめ、ペンによる細密画を描きはじめる。95年から、南インドと日本を半年ごとに往復し、日本帰国時に個展をひらく。2000年、日印コミュニティサイト「Indo.to」をオープン。運営・編集・デザインをてがけ、日印交流イベントを多く企画する。02年から本づくりの仕事にかかわるようになり、これまでに350冊を超える本をてがける。12年、事務所兼自宅を京都に移転。現在はインド・バンガロール―横浜―京都を行き来し、装丁、ペン画、イベント企画など多岐にわたって活動をくり広げている。著書に『インド・まるごと多聞典』(02年、春風社)がある。

上記内容は本書刊行時のものです。