版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
一九八四年 Likness, Sheila(著) - IBCパブリッシング
...
ラダーシリーズ

一九八四年 1984 : Level 4〈2000-word〉

縦180mm
223ページ
価格情報なし
ISBN
978-4-7946-0485-9
出版社在庫情報
不明
初版年月日
2017年7月
登録日
2018年6月3日
最終更新日
2018年6月3日
このエントリーをはてなブックマークに追加

書評掲載情報

2018-11-04 読売新聞  朝刊
2018-06-03 読売新聞  朝刊
評者: 塚谷裕一(東京大学教授、植物学者)

紹介

第三次世界大戦後、かつて英国のロンドンと呼ばれた地域で、ウィンスントンは暮らしていた。個人のプライバシーが剥奪され、男女の性愛が罪とされ、子どもが親を通報することが奨励され、日記を書くことが死刑相当の思考犯罪となる社会で。彼は忠実に歴史の改ざん業務に励んでいたが、胸には反体制の思いを秘めていた。そのこと自体が、思想犯罪に該当していた。「英語で書かれた20世紀の小説ベスト100」「史上最高の文学100」に選ばれた、ディストピア(反ユートピア)文学の最高傑作。

上記内容は本書刊行時のものです。