版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
文庫 天皇と接吻 平野 共余子(著/文) - 草思社
..

書店員向け情報 HELP

文庫 天皇と接吻 アメリカ占領下の日本映画検閲

文庫
このエントリーをはてなブックマークに追加
発行:草思社
文庫判
560ページ
定価 1,800円+税
ISBN
978-4-7942-2521-4   COPY
ISBN 13
9784794225214   COPY
ISBN 10h
4-7942-2521-0   COPY
ISBN 10
4794225210   COPY
出版者記号
7942   COPY
Cコード
C0136  
0:一般 1:文庫 36:社会
出版社在庫情報
不明
初版年月日
2021年6月8日
書店発売日
登録日
2021年5月7日
最終更新日
2021年5月22日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

天皇の描写、接吻シーンの奨励など、占領軍の検閲で
日本映画、日本文化はどう変わったか──

原資料と関係者取材により検閲の実態を初めて明らかにした画期的労作。
日本映画ペンクラブ賞、川喜多賞受賞作。

天皇と接吻──それは占領軍が映画検閲の対象とした事項の代表例である。
天皇陛下の扱いは微妙な問題を含んでいたので、検閲官は神経質になった。
また、キス・シーンはアメリカ民主主義のシンボルとして大いに奨励された。
検閲官と映画人たちの応酬は誤解に満ち、ある意味で滑稽でもあった。
本書は、のちの日本映画および日本文化に決定的影響を及ぼしたといわれる
検閲の実態を、原資料と関係者への取材を通して初めて明らかにした画期的労作である。

著者プロフィール

平野 共余子  (ヒラノ キョウコ)  (著/文

平野 共余子(ひらの・きょうこ)
1952年東京生まれ。早稲田大学法学部卒業。東京大学人文科学研究科比較文学比較文化専攻修士課程、東京大学新聞研究所を経て、1976-77年旧ユーゴスラヴィア政府給費留学生としてベオグラード大学大学院映画学科に留学、1979年フルブライト奨学生としてニューヨーク大学大学院映画研究科に留学し博士号取得。1986年より2004年までニューヨーク市のジャパン・ソサエティでアメリカにおける日本映画紹介に携わり、その活動と著書『天皇と接吻』(草思社)で日本映画ペンクラブ賞、川喜多賞受賞。ニューヨーク大学、ニュー・スクール大学、テンプル大学ジャパン・キャンパス、明治学院大学などでも非常勤講師を務めてきた。

上記内容は本書刊行時のものです。