版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
平尾誠二を語る 橋野 薫(著/文) - 草思社
..
詳細画像 0 詳細画像 1

平尾誠二を語る

発行:草思社
四六判
312ページ
定価 1,600円+税
ISBN
9784794224521
Cコード
C0075
一般 単行本 体育・スポーツ
出版社在庫情報
不明
初版年月日
2020年4月28日
書店発売日
登録日
2020年3月27日
最終更新日
2020年3月27日
このエントリーをはてなブックマークに追加

書評掲載情報

2020-06-28 読売新聞  朝刊
評者: 鈴木洋仁
2020-06-13 東京新聞/中日新聞  朝刊
2020-06-06 毎日新聞  朝刊
評者: 渡邊十絲子(詩人)

紹介

ラグビーW杯大躍進の陰には、
この男のビジョンがあった!

圧倒的な先見性で日本のラグビーを変えた平尾誠二(1963-2016)。
代表監督時代に外国人選手を積極的に起用するなど、
現在の日本代表へつながる潮流をつくった「ミスターラグビー」の情熱と魅力を、
ゆかりの人々が語り尽くす感動の一冊!
読売新聞オンラインの人気連載、待望の単行本化!

【証言者】
山中伸弥(京都大学iPS細胞研究所長)
山口良治(元京都市立伏見工高ラグビー部監督)
岡村啓嗣(密着撮影を30年以上続けた写真家)
松尾雄治(元新日鉄釜石選手兼監督/元日本代表スタンドオフ)
鈴木寛 (元文部科学副大臣)
土田雅人(サントリー酒類常務執行役員/日本ラグビー協会理事)
羽生善治(将棋 九段)
高橋銀太郎(平尾プロジェクト1期生/元クボタスピアーズ副将)
藪木宏之(元神戸製鋼スタンドオフ/日本ラグビー協会広報部長)
沢松奈生子(元プロテニスプレーヤー/現解説者)
平尾昂大(長男)


エディー・ジョーンズさんの後任HCを選ぶなんて大変でしょう──と水を向けたら、力強い言葉が返ってきました。
「一人いるんや。日本代表のHCは彼しかできない。彼ならやってくれる。
『条件』が全部そろっている。俺は絶対に(理事会で意見を)譲らへんで」
 その彼というのが、ジェイミー・ジョセフさんでした。もちろん、父も当時は匿名で話しましたし、
人選の条件だとか理事会の内容などは一切明かしませんでした。
けれども、ジョセフさんの就任が発表されたときは、その人物像を改めて熱く語ってくれました。
(本書より~長男・平尾昂大が語る平尾誠二)

目次

1 「平尾さんやったら、どうするかな」と考えます
――京都大学iPS細胞研究所長 山中伸弥

2 進化したラグビーの創造者だった
――元京都市立伏見工高ラグビー部監督 山口良治

3 オオカミの目、自由な心
――密着撮影を30年以上続けた写真家 岡村啓嗣
       
4 希代のリーダー対決、美しきノーサイド
――元新日鉄釜石選手兼監督・元日本代表スタンドオフ 松尾雄治

5 「哲学するラガーマン」をめぐる追想
――元文部科学副大臣 鈴木寛

6 「洋魂和才」、日本代表に息づく平尾イズム
――サントリー酒類常務執行役員・日本ラグビー協会理事 土田雅人

7 勝負師2人の「与えれば与えられる」絆
――将棋 羽生善治九段

8 失敗プロジェクトと銀のレガシー
――平尾プロジェクト1期生・元クボタスピアーズ副将 高橋銀太郎

9 助手席のミスターラグビー
――元神戸製鋼スタンドオフ・日本ラグビー協会広報部長 藪木宏之

10 夜の神戸で衝撃の店「許されるのよ、彼だけは」
――元プロテニスプレーヤー・現解説者 沢松奈生子

11 「運命の日」の開幕戦、スタジアムに父が来ていたような気がする
――長男 平尾昂大
▼[平尾家のW杯]父とジョセフさん、そして日本ラグビー「未来への希望」

著者プロフィール

橋野 薫  (ハシノ カオル)  (著/文

橋野 薫(はしの・かおる)
読売新聞大阪本社勤務。1965年4月、京都市生まれ。同志社大学から89年に入社。京都総局を経て96年から通算17年、運動部記者としてラグビー、プロ野球などを担当。ラグビーワールドカップは2003、07年大会を取材した。運動部デスク、松江支局長などを務め、現在は販売局勤務。ラグビーは同志社香里高1年で始め、現役時代のポジションはスクラムハーフ。

込山 駿  (コミヤマ シュン)  (著/文

込山 駿(こみやま・しゅん)
読売新聞東京本社勤務。1973年3月、東京都生まれ。早稲田大学から96年に入社。2003~12年は運動部記者としてサッカー、ボクシング、大相撲などを担当。なでしこジャパン女子W杯優勝、亀田3兄弟のトラブル、新弟子死亡事件などを取材した。スポーツ以外では山形など5支局や中部支社(名古屋市)を渡り歩き、2017年9月から読売新聞オンラインの記者・編集者を務める。

上記内容は本書刊行時のものです。