版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
北朝鮮の漂着船 荒木 和博(著/文) - 草思社
..
詳細画像 0 詳細画像 1

北朝鮮の漂着船 海からやってくる新たな脅威

発行:草思社
四六判
208ページ
定価 1,600円+税
ISBN
9784794223692
Cコード
C0095
一般 単行本 日本文学、評論、随筆、その他
出版社在庫情報
不明
初版年月日
2018年12月14日
書店発売日
登録日
2018年11月13日
最終更新日
2018年11月14日
このエントリーをはてなブックマークに追加

書評掲載情報

2019-02-10 産經新聞  朝刊
評者: 西村幸祐(批評家、関東学院大学講師)

紹介

 拉致問題を調べていく中で、海岸線からの工作員の上陸について
関心を持ってきた。ともかく現場を見ようと全国の工作員上陸地点を
まわり、日本の海岸が、工作員にとってきわめてたやすく上陸できる
ということを痛感した。
 しかし、漂着船について調べていくうちに、その認識すら甘いこと
に気づいた。工作員である必要はない。極論をすれば、誰でも入れる、
ということだ。
私たちが「日本は海に囲まれているから安全だ」と思っていたのは
まったくの間違いで、海には壁が築けないのである。
                          (本書より)

北朝鮮から日本に流れつく無数の木造船――。
その数は昨年秋から急増し、今年2月までになんと100 隻以上にのぼる。
長年、北朝鮮による拉致問題に取り組んできた著者は、北朝鮮工作員の
上陸地点と木造船の漂着地が重なっているのに気づき実地調査を行なう。
そして、驚愕すべき結論に達する。
明らかに漁民以外が乗っていた形跡がある漂着船が、多々あるのだ。
そして、その一部が密かに日本に上陸していたとしても誰にもわからない。
半島有事の際には、この「運搬ルート」経由で多くの難民が日本をめざす
可能性もある。日本に、海から迫りくる危機への備えはできているのか?

水面下で進行する危機の実態をつぶさに伝える衝撃の書!

<目次より>

はじめに 

第1章 闇夜に浮かんだ漂着船 
◆「海に囲まれているから安全」という神話 
◆暗闇に浮かんだ「怪獣」
◆崩れていく木造船
◆散乱する燃料タンク
◆五年間放置された漂着船
◆「あと二人乗っていた」
◆木造船を見失った警察
◆雪の海岸にカラスの群れが
◆隠蔽の海岸――山本美保さん失踪事件の謎
◆処分できない漂着船
◆ヤグラが残っていた無人の木造船
◆「漁業中の事故」では説明不能な事態

第2章 見過ごされてきた危機
◆初の亡命「ズ・ダン号」事件
◆日本への「威嚇」で死体を漂着させた?
◆深浦の四人
◆残されていたテントとフォーク
◆公開情報からわかる「事件」
◆佐渡に集中した漂着
◆生存者は何を語っているのか

第3章 難民パニック
◆「日本に行けばなんとかなる」
◆日本でこれから起きること

第4章 隠蔽の構造――問題解決を拒む「内なる敵」
◆横田めぐみさんの拉致さえ隠蔽されていた
◆拉致事件をめぐる「嘘の連鎖」
◆漂着船と拉致問題に共通する隠蔽の構造

第5章 日本の防衛の根本的矛盾
◆私が予備自衛官になった理由
◆自衛官は拉致問題に関心がない
◆三万四千キロの海岸線を「専守防衛」は不可能だ
◆「報復」できなければ国家は守れない
◆トップ人事から見えてくる安全保障軽視
◆拉致被害者救出には自衛隊の力が不可欠
◆日本人は何をすべきか

目次

はじめに 

第1章 闇夜に浮かんだ漂着船 
◆「海に囲まれているから安全」という神話 
◆暗闇に浮かんだ「怪獣」
◆崩れていく木造船
◆散乱する燃料タンク
◆五年間放置された漂着船
◆「あと二人乗っていた」
◆木造船を見失った警察
◆雪の海岸にカラスの群れが
◆隠蔽の海岸――山本美保さん失踪事件の謎
◆処分できない漂着船
◆ヤグラが残っていた無人の木造船
◆「漁業中の事故」では説明不能な事態

第2章 見過ごされてきた危機
◆初の亡命「ズ・ダン号」事件
◆日本への「威嚇」で死体を漂着させた?
◆深浦の四人
◆残されていたテントとフォーク
◆公開情報からわかる「事件」
◆佐渡に集中した漂着
◆生存者は何を語っているのか

第3章 難民パニック
◆「日本に行けばなんとかなる」
◆日本でこれから起きること

第4章 隠蔽の構造――問題解決を拒む「内なる敵」
◆横田めぐみさんの拉致さえ隠蔽されていた
◆拉致事件をめぐる「嘘の連鎖」
◆漂着船と拉致問題に共通する隠蔽の構造

第5章 日本の防衛の根本的矛盾
◆私が予備自衛官になった理由
◆自衛官は拉致問題に関心がない
◆三万四千キロの海岸線を「専守防衛」は不可能だ
◆「報復」できなければ国家は守れない
◆トップ人事から見えてくる安全保障軽視
◆拉致被害者救出には自衛隊の力が不可欠
◆日本人は何をすべきか

著者プロフィール

荒木 和博  (アラキ カズヒロ)  (著/文

特定失踪者問題調査会代表、拓殖大学海外事情研究所教授。昭和31年(1956)東京生まれ。慶應義塾大学法学部政治学科卒業。民社党本部書記局勤務、現代コリア研究所研究部長を経て、拓殖大学海外事情研究所専任講師となり、助教授を経て、平成16年(2004)より教授。北朝鮮に拉致された日本人を救出するための全国協議会(救う会)の活動を経て平成15年(2003)1月、特定失踪者問題調査会を立ち上げ代表に就任、現在に至る。予備役ブルーリボンの会代表。『日本が拉致問題を解決できない本当の理由』『拉致救出運動の2000日1996年―2002年』(編著)『内なる敵をのりこえて、戦う日本へ』『山本美保さん失踪事件の謎を追う』(以上、草思社)『自衛隊幻想』(共著、産経新聞出版)『なぜ北朝鮮は崩壊しなかったのか』 (光人社NF文庫)『靖国の宴』(髙木書房)ほか著書多数。

上記内容は本書刊行時のものです。