版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
文庫 脱原発の罠 川口マーン惠美(著/文) - 草思社
..
草思社文庫

文庫 脱原発の罠 日本がドイツを見習ってはいけない理由

発行:草思社
文庫判
232ページ
定価 750円+税
ISBN
9784794223357
Cコード
C0136
一般 文庫 社会
出版社在庫情報
不明
書店発売日
登録日
2018年5月5日
最終更新日
2018年5月5日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

先進国の脱原発は難しい。とりわけ、日本でそれを行うのは困難を極める。なぜなら――。

脱原発で世界を先導していると言われることが多いドイツの実情を紹介、日本と比べて非常に恵まれたエネルギー環境にあるドイツでさえ悪戦苦闘していることを明らかにする。また、日独両国で期待されつつも実際には大きな問題を引き起こしている「再生可能エネルギー」による発電についても詳細に解説。さらに、日本が他国と比べて、脱原発を実行することが難しい理由を整理、「日本がそのままドイツの真似をすれば、必ず命取りになる」と警鐘を鳴らす。第36回エネルギーフォーラム賞普及啓発賞を受賞した『ドイツの脱原発がよくわかる本』(2015年刊)に最新の状況を踏まえて加筆、改題した文庫版。まさに悪戦苦闘。それでも脱原発へと進むドイツ。しかし、日本にはそれを真似てはいけない理由がある。在独30年の著者による現状リポート。

<目次より>
まえがき リスクマネージメントとは何か?
第1章 ドイツが脱原発を決めるまでの紆余曲折
第2章 脱原発を理解するための電力の基礎
第3章 ドイツの夢見た再エネが直面した現実
第4章 今、ドイツで起こっていること
第5章 ドイツの再エネ法が2014年に改正されたわけ
第6章 「再エネ先進国」を見習えない理由
第7章 原発はどれだけ怖いのか?
第8章 ドイツの放射性廃棄物貯蔵問題はどうなっているか
第9章 日本の原発を見にいく
第10章 日本の電力供給、苦闘の歴史と現在
第11章 ドイツの脱原発を真似てはいけない理由
第12章 日本の豊かさを壊さない賢明な選択を

目次

まえがき リスクマネージメントとは何か?
第1章 ドイツが脱原発を決めるまでの紆余曲折
第2章 脱原発を理解するための電力の基礎
第3章 ドイツの夢見た再エネが直面した現実
第4章 今、ドイツで起こっていること
第5章 ドイツの再エネ法が2014年に改正されたわけ
第6章 「再エネ先進国」を見習えない理由
第7章 原発はどれだけ怖いのか?
第8章 ドイツの放射性廃棄物貯蔵問題はどうなっているか
第9章 日本の原発を見にいく
第10章 日本の電力供給、苦闘の歴史と現在
第11章 ドイツの脱原発を真似てはいけない理由
第12章 日本の豊かさを壊さない賢明な選択を

著者プロフィール

川口マーン惠美  (カワグチマーンエミ)  (著/文

日本大学芸術学部卒業後、渡独。1985年、シュトゥットガルト国立音楽大学大学院ピアノ科修了。シュトゥットガルト在住。著書に『ドレスデン逍遥』(草思社)、『ドイツ流、日本流』(草思社文庫)、『住んでみたドイツ 8勝2敗で日本の勝ち』(講談社+α新書)、『ヨーロッパから民主主義が消える』(PHP新書)ほか多数。2016年、本書の単行本である『ドイツの脱原発がよくわかる本』(草思社)で第36回エネルギーフォーラム賞・普及啓発賞、2018年、『復興の日本人論』(グッドブックス)で第38回エネルギーフォーラム賞・特別賞を受賞。最新刊は『そしてドイツは理想を見失った』(角川新書)。

上記内容は本書刊行時のものです。