版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
文庫 日米衝突の根源 1858-1908 渡辺 惣樹(著/文) - 草思社
..
草思社文庫

文庫 日米衝突の根源 1858-1908

発行:草思社
文庫判
736ページ
定価 1,800円+税
ISBN
9784794223340
Cコード
C0121
一般 文庫 日本歴史
出版社在庫情報
不明
書店発売日
登録日
2018年5月5日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

日米開戦は、日露戦争期からすでに想定されていた――

ペリー来航以降、セオドア・ルーズベルトによるポーツマス条約仲介まで、アメリカは日本史からほぼ姿を消している。だが、日本の明治期にあたる1858~1908年の半世紀にアメリカで起きていた出来事こそ、日米衝突を不可避なものとする要因となったのだ。国内産業保護を基軸とするアメリカ・システムの綻び、イギリスを筆頭としたヨーロッパ諸国との領土紛争、国内の人種問題……良好な関係にあった日本を仮想敵国と見なすまでのアメリカの動きを、米側資料によって詳細に描き出して太平洋戦争の起源に迫る。

<目次より>
第1章 日本人と支那人
第2章 カリフォルニアの争奪
第3章 太平洋シーレーン
第4章 南北戦争
第5章 大陸横断鉄道開通
第6章 「アメリカの湖」(アメリカン・レイク)
第7章 岩倉使節団の失敗
第8章 フィラデルフィア博覧会
第9章 支那人排斥法
第10章 ハワイ王国カラカウア
第11章 グラント将軍の日本訪問
第12章 フロンティアの消失
第13章 ハワイ攻防戦
第14章 米西戦争
第15章 白い艦隊(ホワイト・フリート)

目次

第1章 日本人と支那人
第2章 カリフォルニアの争奪
第3章 太平洋シーレーン
第4章 南北戦争
第5章 大陸横断鉄道開通
第6章 「アメリカの湖」(アメリカン・レイク)
第7章 岩倉使節団の失敗
第8章 フィラデルフィア博覧会
第9章 支那人排斥法
第10章 ハワイ王国カラカウア
第11章 グラント将軍の日本訪問
第12章 フロンティアの消失
第13章 ハワイ攻防戦
第14章 米西戦争
第15章 白い艦隊(ホワイト・フリート)

著者プロフィール

渡辺 惣樹  (ワタナベ ソウキ)  (著/文

日本近現代史研究家。北米在住。1954年静岡県下田市出身。77年東京大学経済学部卒業。30年にわたり米国・カナダでビジネスに従事。米英史料を幅広く読み解き、日本開国以来の日米関係を新たな視点でとらえた著作が高く評価される。著書に『誰が第二次世界大戦を起こしたのか:『日米衝突の根源1858-1908』、『日米衝突の萌芽1898-1918』(第22回山本七平賞奨励賞受賞)、『日本開国』、『朝鮮開国と日清戦争』など。訳書にフーバー『裏切られた自由』(上下巻)、フィッシュ『ルーズベルトの開戦責任』、マックファーレン『日本1852』、マックウィリアムス『日米開戦の人種的側面 アメリカの反省1944』、レコード『アメリカはいかにして日本を追い詰めたか』など。(以上すべて草思社刊)

上記内容は本書刊行時のものです。