版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊
レクサスとオリーブの木 Friedman, Thomas L(著/文) - 草思社
...
【利用不可】

レクサスとオリーブの木 (レクサス ト オリーブ ノ キ : グロバリゼーション ノ ショウタイ) 巻次:下巻 グロバリゼーションの正体

このエントリーをはてなブックマークに追加
発行:草思社
縦200mm
273ページ
価格情報なし
ISBN
978-4-7942-0947-4   COPY
ISBN 13
9784794209474   COPY
ISBN 10h
4-7942-0947-9   COPY
ISBN 10
4794209479   COPY
出版者記号
7942   COPY
出版社在庫情報
不明
初版年月日
2000年2月
登録日
2017年3月30日
最終更新日
2017年3月30日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

奇妙な事実がある。マクドナルドのある国どうしは、戦争をしないというのだ。なぜか。マクドナルドはまさにグローバル化のしるしであり、グローバル化世界の価値観は、問題解決の方法として「戦争」を好まないからだ。世界はすでに国家の論理ではないものによって動きつつある。二十四時間市場は、ネットワーク上の無数の多国籍投資家たちに支配され、もはや誰もコントロールしきれない。オリーブの木に象徴される旧い価値は、絶え間ない紛争を生んできたが、一方では文化や社会の安定ももたらしてきた。そして、グローバル化はそれらを破壊しようとする。新旧の価値が衝突するなかで、変化の巨大なうねりが世界を覆いはじめた。このうねりを乗り越えるための条件とは何か。

目次

第2部 グローバル化システムに接続する(戦争とマクドナルドの不思議な関係
持続可能なグローバル化
勝者がすべてを手に入れる)
第3部 グローバル化システムへの反動(グローバル化への反動
うねり、または反動に対する反動)
第4部 グローバル化システムとアメリカ(合理的な活況
革命はアメリカから
破滅に向かうシナリオ
前へ進む道)

上記内容は本書刊行時のものです。