版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
国税通則法の基本~その趣旨と実務上の留意点~ 野一色直人(著/文) - 税務研究会出版局
..

国税通則法の基本~その趣旨と実務上の留意点~

A5判
328ページ
定価 2,500円+税
ISBN
9784793125898
Cコード
C2033
実用 単行本 経済・財政・統計
出版社在庫情報
不明
書店発売日
登録日
2020年11月5日
最終更新日
2020年11月5日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

法人税、消費税などに比べて、国税通則法等の租税手続法は、実務家の方々にとってなじみの薄い分野かもしれませんが、税務上の手続規定として重要な存在であることは、ご承知のとおりです。
本書は、実務家が直面する「更正の請求」、「税務調査の手続」、「重加算税賦課決定」、「不服申立て」等に係る論点を、法令通達、裁判例・裁決事例、学説等と関連づけて整理しています。
平成23年の国税通則法改正以後、更正の請求や税務調査等に係る手続は大きく変わり、平成28年の不服申立手続の改正など、手続規定の改正はその後も続いています。
本書は、令和2年度税制改正も織り込んだ最新の内容としています。
また、「補章」として、新型コロナウイルス感染症に係る納税の猶予の特例に係る取扱い等を、従来の取扱いと比較しつつ、わかりやすくご紹介しています。

上記内容は本書刊行時のものです。