版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
セルロイドの海  - ロフトブックス
.

書店員向け情報

在庫ステータス

在庫あり

取次情報

取次: ト|ニ|楽天|JRC
直接取引: なし

セルロイドの海

このエントリーをはてなブックマークに追加
四六判
縦188mm 横128mm 厚さ27mm
重さ 220g
336ページ
並製
定価 1,800円+税
ISBN
978-4-7927-9583-2   COPY
ISBN 13
9784792795832   COPY
ISBN 10h
4-7927-9583-4   COPY
ISBN 10
4792795834   COPY
出版者記号
7927   COPY
 
Cコード
C0093
一般 単行本 日本文学、小説・物語
出版社在庫情報
在庫あり
書店発売日
登録日
2020年8月28日
最終更新日
2020年11月25日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

ライブハウスを経営しつつも仕事はほぼリタイア状態にある〈私〉は、悠々自適な生活を送っている。70歳を過ぎ、自身が生きる上でテーマの一つである〈旅〉の集大成として、三度目となるピースボートの渡航でまだ見ぬ北極圏を目指す。

ピースボート〈オーシャンドリーム号〉には1,000人余りの乗客がいたが、その7割が60歳以上の老人という〈動く養老院〉だった。

船内の様々なレクチャーに興じるなか、〈私〉は習字サークルで敬虔なクリスチャンである〈晴美〉と出会う。度重なる夫の浮気に辟易し、夫から逃げるようにピースボートへ乗り込んだ60歳過ぎの清楚な女性だ。

幾度かの〈晴美〉との逢瀬に、何十年ぶりかの恋の悦楽を思い出した〈私〉は我を忘れて老いらくの恋に身を投じる。一時は互いに惹かれ合うものの、「この恋は神が許さない」という〈晴美〉の頑なな信条により、二人の距離は次第に離れていく。

〈晴美〉と入れ替わるように〈私〉の前に現れた〈麗子〉は、生涯独身を貫く63歳。〈私〉とは趣味嗜好もライフスタイルも正反対だが、その天真爛漫な性格に少しずつ惹かれていく。

目次

プロローグ
第1章出航
第2章フォール・イン・ラブ
第3章ヨーロッパ
第4章北欧
第5章北極海
第6章南米とカリブ海
第7章太平洋へ
第8章横浜へ
エピローグ

前書きなど

私は死ぬまでにあと何回、恋をするのだろう。

版元から一言

愛人とセックス三昧のエロ親父、自殺願望を抱く偏屈な老人、亡き妻の写真を携帯する元造船業の男性、昼間からウイスキーを煽る88歳の老人、夫の形見の金時計に話しかける老婆、長年の不倫生活を清算した折り紙の先生、会社の株の配当で悠々自適な大企業の元役員、夫のDVが原因で離婚した女性、孤独とオカリナを愛する元薬剤師、世界の豪華客船のほとんどに乗ったと豪語する貴婦人、人間嫌いの元数学教師、船上で人生を終えた老人……船内で知り合う数々の老輩との交流を通じ、〈私〉は人生の終活期をどう過ごすべきかを考える。そして、〈晴美〉と〈麗子〉に出会ったことで、70歳を過ぎても恋はできる、それは何物にも代え難く尊いものだと実感する。

上記内容は本書刊行時のものです。