版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
遊廓と地域社会 加藤 晴美(著/文) - 清文堂出版
..

書店員向け情報

書店注文情報

9784792414887

遊廓と地域社会 貸座敷・娼妓・遊客の視点から

歴史・地理
このエントリーをはてなブックマークに追加
発行:清文堂出版
A5判
290ページ
定価 6,800円+税
ISBN
978-4-7924-1488-7   COPY
ISBN 13
9784792414887   COPY
ISBN 10h
4-7924-1488-1   COPY
ISBN 10
4792414881   COPY
出版者記号
7924   COPY
Cコード
C3025  
3:専門 0:単行本 25:地理
出版社在庫情報
不明
初版年月日
2021年3月
書店発売日
登録日
2021年3月27日
最終更新日
2021年4月15日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

「芸娼妓解放令」以降、国家によって公認された性売買の空間としての「遊廓」は地方中・小都市にまで広範に普及し、買春行為の「日常化・大衆化」と遊客人口の著しい増加をもたらした。歴史地理学の立場から、「近代遊廓」の成立とその特質を追究する。遊廓の分布および空間構造を検討するとともに、「娼妓哀史」にとどまらない貸座敷経営者や娼妓、遊客などの具体像を提示し、これらの相互関係に着目して「近代遊廓」の存立を解明した。

目次

第Ⅰ章 序 論
第Ⅱ章 近世・近代における遊廓の史的展開
第Ⅲ章 明治前期米沢における遊廓の形成と貸座敷の存立
第Ⅳ章 大正期烏山における遊廓の展開と遊客・娼妓の在形態
第Ⅴ章 軍港都市横須賀における遊廓の形成と開発者
第Ⅵ章 地方都市における近代遊廓の展開とその特質
補 論 大崎下島御手洗における遊廓の景観と地域社会 ―ベッピンとオチョロ舟の生活史―
第Ⅶ章 結 論

著者プロフィール

加藤 晴美  (カトウ ハルミ)  (著/文

◎加藤晴美(かとう はるみ)……筑波大学非常勤講師 博士(文学)

上記内容は本書刊行時のものです。