版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊
国際的視点から見た終身刑 石塚 伸一(監修) - 龍谷大学矯正・保護研究センター
...
【利用不可】

国際的視点から見た終身刑 (コクサイテキ シテン カラ ミタ シュウシンケイ : シケイ ダイタイケイ ト シテノ シュウシンケイ オ メグル ショモンダイ) 死刑代替刑としての終身刑をめぐる諸問題

このエントリーをはてなブックマークに追加
縦210mm
175ページ
価格情報なし
ISBN
978-4-7923-1627-3   COPY
ISBN 13
9784792316273   COPY
ISBN 10h
4-7923-1627-8   COPY
ISBN 10
4792316278   COPY
出版者記号
7923   COPY
出版社在庫情報
不明
初版年月日
2003年10月
登録日
2016年5月31日
最終更新日
2016年5月31日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

龍谷大学矯正・保護研究センターでは、2002年2月1日、開設を記念して国際シンポジウムを開催した。テーマは、「国際的視点から見た終身刑:死刑代替刑としての終身刑をめぐる諸問題(Life Imprisonment from International Perspectives:An "Alternative" for the Death Penalty?)」である。本書は、このシンポジウムの記録である。パネリストには、ドイツからはフルダ大学教授ハルトムート=ミヒャエル・ヴェーバーさん、イギリスからはプリズン・リフォーム・トラスト事務局長ジュリエット・ライオンさんをお招きし、日本からは、元矯正実務家で、現在、龍谷大学客員教授である長谷川永さんと第二東京弁議士会所属の弁護士で、日本弁護士連合会人権擁護委員会委員でもある小川原優之さんをお招きして、「いま、なぜ、終身刑なのか」というアクチュアルな問題を国際的視点から検討した。

目次

シンポジウムの趣旨と日本の議論状況について
終身刑とその人権へのインパクト:死刑は終身刑によって代替されるべきか。それとも、定期の最高刑によって代替されるべきか
イギリスにおける死刑廃止と終身刑の運用
終身刑を考える:矯正実務家の視点
終身刑導入論と日本弁護士連合会の対応
質疑応答から

上記内容は本書刊行時のものです。