版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
ヒップホップ・モンゴリア 島村一平(著/文) - 青土社
..

書店員向け情報

ヒップホップ・モンゴリア 韻がつむぐ人類学

社会一般
このエントリーをはてなブックマークに追加
発行:青土社
四六判
440ページ
定価 2,600円+税
ISBN
978-4-7917-7351-0   COPY
ISBN 13
9784791773510   COPY
ISBN 10h
4-7917-7351-9   COPY
ISBN 10
4791773519   COPY
出版者記号
7917   COPY
Cコード
C0039
一般 単行本 民族・風習
出版社在庫情報
不明
書店発売日
登録日
2020年12月16日
最終更新日
2020年12月24日
このエントリーをはてなブックマークに追加

書評掲載情報

2021-04-24 日本経済新聞  朝刊
評者: 松村圭一郎(文化人類学者)
2021-03-20 朝日新聞  朝刊
MORE
LESS

紹介

「周縁」に響く怒りの韻(ライム)。知られざるモンゴルのリアル。
青空と草原の遊牧民の国――それは理想化されたモンゴル像に過ぎない。都市化と開発が進み、そしてヒップホップ、ラップが深く浸透した「ヒップホップ・モンゴリア」でもある。ラップの盛況ぶりからは、口承文芸・伝統宗教との接点、社会主義による近代化によって生じたねじれ、民主化以降の西側へのコンプレックスとナショナリズム、ゲットーから放たれる格差への怒りが見えてくる。新自由主義に翻弄され「周縁」に置かれた国家のリアルをすくい取り、叫びを韻に込めるラッパーたちの息遣いを伝える異色の人類学ドキュメント。

上記内容は本書刊行時のものです。