版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
それでもなおユダヤ人であること 宇田川 彩(著/文) - 世界思想社
..
詳細画像 0

それでもなおユダヤ人であること ブエノスアイレスに生きる〈記憶の民〉

発行:世界思想社
A5判
縦216mm 横157mm 厚さ25mm
重さ 460g
312ページ
定価 3,800円+税
ISBN
9784790717447
Cコード
C3039
専門 単行本 民族・風習
出版社在庫情報
不明
初版年月日
2020年9月30日
書店発売日
登録日
2020年8月4日
最終更新日
2020年9月1日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

重いリュックを背負って、しなやかに歩む!
旧約聖書の時代から
ディアスポラとして暮らしてきた彼らが、
今もユダヤ人であり続けるのはなぜか?

ある場所からの出立は、ユダヤ史において繰り返されてきた光景であった。
出エジプト、バビロニア軍による追放(第二次バビロン捕囚)、
ローマ軍の侵攻で第二神殿が崩壊した後の各地への離散(ディアスポラ)、
レコンキスタ後のイベリア半島からのユダヤ人追放、
ナチスのホロコーストからの逃亡……。

ユダヤ人の歴史の長さと重みに比して、
著者がアルゼンチンで出会ったユダヤ人は、
ブエノスアイレスの自由な空気を享受し軽やかに生きているように見えた。
きわめて厳格な宗教法にもほとんど拘束されない。
それでもなおユダヤ人であるのは、なぜ・どのようにしてなのか。
きわめて曖昧ながらもたしかに存在する、現代に生きるユダヤ人の生き方を描く。


ユダヤ性の核心に迫り、
ユダヤ人やユダヤ教のイメージを覆す
ユダヤ人の生活に2年間密着した長期調査にもとづく
日本で初めての、ユダヤについての文化人類学の本。
世界的にも、文献調査を中心としないユダヤ学の本は珍しい。

イスラエル在住経験もある著者が、
敬虔ではない、世俗的ユダヤ人にフォーカスする。

ユダヤ教の教義や原理原則が、
実際の生活や儀礼のなかでどれだけ尊重され、
どれだけ換骨奪胎されているのか。
それでもなお残っているものは何か。
すべての皮をむいた後に浮かび上がる
ユダヤ性の核心に迫る。

目次

はじめに

序 章 ディアスポラと記憶

第Ⅰ部 ブエノスアイレスのユダヤ人が生きる現在
 第1章 ユダヤ人とは誰か
 第2章 ブエノスアイレスのユダヤ人

第Ⅱ部 ユダヤ人の住まい
 第3章 おばあちゃんのチキンスープ――ユダヤ法と家庭の味
 第4章 過ぎ越し祭の「順番」と物語

第Ⅲ部 ユダヤ人の記憶
 第5章 家の中で想起される記憶
 第6章 「私たちの記憶」のありか――AMIA爆破テロの記憶とアーカイブ

第Ⅳ部 重さと軽さの只中で
 第7章 「ユダヤ的」な重みから逃れる
 第8章 本を放ち、軽やかに歩く

終 章 それでもなおユダヤ人であること

  コラム1 多弁なフィールドでの語り
  コラム2 アルゼンチンのユダヤ人の恋愛・結婚
  コラム3 正統派の台頭
  コラム4 アルゼンチンからイスラエルへ


年表
参照文献
人名索引
事項索引

著者プロフィール

宇田川 彩  (ウダガワ アヤ)  (著/文

1984 年、横浜市生まれ。
東京大学総合文化研究科博士課程修了、博士(学術)。専門は文化人類学・ユダヤ学。
アルゼンチン国立ブエノスアイレス大学客員研究員、日本学術振興会特別研究員PD(京都大学)を経て、現在、日本学術振興会海外特別研究員PD(テルアビブ大学)。
主要業績として、「「順番」と物語 ― ブエノスアイレスの世俗的ユダヤ人が経験する過ぎ越し祭」『文化人類学』(2019 年、84巻3号)、『アルゼンチンのユダヤ人 ― 食から見た暮らしと文化』(2015 年、風響社)などがある。

上記内容は本書刊行時のものです。