版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
誰が負を引きうけるのか : 原発・ダム・空港立地をめぐる紛争と市民社会 アルドリッチ 著 ; 湯浅陽一 監訳 ; リンダマン香織, 大門信也 訳 Aldrich, Daniel P(著) - 世界思想社
...

書店員向け情報

誰が負を引きうけるのか : 原発・ダム・空港立地をめぐる紛争と市民社会 アルドリッチ 著 ; 湯浅陽一 監訳 ; リンダマン香織, 大門信也 訳

このエントリーをはてなブックマークに追加
発行:世界思想社
縦210mm
307ページ
価格情報なし
ISBN
978-4-7907-1561-0   COPY
ISBN 13
9784790715610   COPY
ISBN 10h
4-7907-1561-2   COPY
ISBN 10
4790715612   COPY
出版者記号
7907   COPY
出版社在庫情報
不明
初版年月日
2012年3月
登録日
2016年4月27日
最終更新日
2016年4月27日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

広島や長崎の原爆被害を経験した日本が、なぜ世界屈指の原発大国となりえたのか。「負の公共財」-原子力発電所・ダム・空港の立地をめぐる紛争からみる日・仏・米の市民社会と国家。

目次

序章 立地をめぐる紛争と政策手段
第1章 立地場所を選び出す
第2章 手法選択の論理
第3章 散発する騒乱-日本およびフランスにおける空港立地
第4章 ダムを造る-日本とフランスにおける水源開発事業の立地
第5章 心をつかめ-日本における原子力発電所の立地
第6章 ダビデ対ゴリアテ-フランス原子力発電所の立地
結論 将来の研究に向けて

上記内容は本書刊行時のものです。