版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊
コンテンツのメディア論 松本 健太郎(著) - 新曜社
.

書店員向け情報 HELP

書店注文情報

注文電話番号:
注文FAX番号:
注文メール:
注文サイト:

在庫ステータス

在庫あり

取引情報

取引取次:
ト|ニ|楽天|中|鍬谷|日教販   書店
八木
直接取引: なし

出版社への相談

店頭での販促・拡材・イベントのご相談がありましたらお気軽にご連絡ください。

コンテンツのメディア論 (コンテンツノメディアロン) コンテンツの循環とそこから派生するコミュニケーション (コンテンツノジュンカントソコカラハセイスルコミュニケーション)

このエントリーをはてなブックマークに追加
発行:新曜社
A5判
240ページ
並製
価格 2,600円+税
ISBN
978-4-7885-1783-7   COPY
ISBN 13
9784788517837   COPY
ISBN 10h
4-7885-1783-3   COPY
ISBN 10
4788517833   COPY
出版者記号
7885   COPY
Cコード
C1036  
1:教養 0:単行本 36:社会
出版社在庫情報
在庫あり
初版年月日
2022年10月28日
書店発売日
登録日
2022年9月26日
最終更新日
2022年11月4日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

ロラン・バルトは「作品からテクストへ」といったが、今や「テクストからコンテンツへ」といえよう。コンテナ(容れ物)と対で考えられてきたコンテンツは、デジタル革命によりコンテナから離れて情報空間に浮遊する。その実態をメディア論的に解明する。

*コンテンツと呼び変えることで何がどう変わるのかを、スマホ、SNS、ゲームなどとの関わりで具体的に説く。

*サブスクリプション・サービスにより、モノを持つという所有権でなく、データにアクセスする権利が重要になったことなどを取り上げる。

著者プロフィール

松本 健太郎  (マツモト ケンタロウ)  (

二松学舎大学文学部教授

塙 幸枝  (バン ユキエ)  (

成城大学文芸学部専任講師

上記内容は本書刊行時のものです。