版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
食の記号論 日本記号学会(編集) - 新曜社
.
セミオトポス 15

食の記号論 食は幻想か?

発行:新曜社
A5判
216ページ
価格 2,700円+税
ISBN
978-4-7885-1682-3
Cコード
C1010
教養 単行本 哲学
出版社在庫情報
在庫あり
初版年月日
2020年6月10日
書店発売日
登録日
2020年5月13日
最終更新日
2020年8月20日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

食べるとは生きているもの、死んだもの、腐ったものを喰らうこと。この身もふたもない現実(自然)を覆い隠すため人は様々な工夫(文化)をする。食べないこと、料理レシピ、「目玉焼きの食べ方」、「へぼ」追いなどを題材に、「食の記号論」を展開。

*レヴィ=ストロースの「料理の三角形」をベースに「食べることの野生」回復への路をさぐる。
*おおひなたごう『目玉焼きの黄身いつつぶす?』、手塚治虫『ロストワールド』に、食と性の密かな関係をさぐる

上記内容は本書刊行時のものです。