版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
誘発電位測定マニュアル2019 日本臨床神経生理学会(編集) - 診断と治療社
..

誘発電位測定マニュアル2019

B5判
縦257mm 横182mm 厚さ7mm
重さ 294g
120ページ
定価 3,200円+税
ISBN
9784787824462
Cコード
C3047
専門 単行本 医学・歯学・薬学
出版社在庫情報
不明
初版年月日
2019年12月
書店発売日
登録日
2019年11月26日
最終更新日
2019年11月26日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

Bergerが脳波記録を公表してから90年,様々な進化を遂げた脳波研究の一つである誘発電位に関して,測定指針の改訂を行った.研究や臨床の現状をふまえ,視覚誘発電位,聴性感覚誘発電位,体性感覚誘発電位,痛覚誘発電位,事象関連電位,磁気刺激を含む運動誘発電位の6分野を各分野のエキスパートが解説した.基礎から新知見までを学べる本書は,これから測定を始める方にも,既に携わっている方にも使っていただきたい一冊である.

目次

刊行にあたって
序 文
誘発電位測定マニュアル 2019 委員一覧
誘発電位とME(医用工学)の基礎知識
A 誘発電位測定機器のシステム構成
B 電極と差動増幅器に由来する雑音
C 差動増幅器と交流雑音
D 信号検出に必要なフィルタ設定と感度
E デジタル技術の基礎
F 誘発電位波形の潜時と振幅
1.視覚誘発電位(VEP)
  1 総 論
A ERG・VEPの概要
B 視覚の生理学: 並列的視覚情報処理
C ERG・VEP記録の要点
  2 各 論
A ERG
B VEP
C 視機能の電気生理学的診断アルゴリズム
D 多モダリティーVEP
  3 まとめ
2.聴性誘発電位(AEP)
  1 総 論
A 聴性誘発電位(AEP)とは
B 聴性誘発電位の記録方法
  2 各 論
A 蝸電図
B 短潜時成分─聴性脳幹反応(ABR)─
C 中潜時成分─聴性中間潜時反応(MLR)─
D 長潜時成分─頭頂部緩反応(SVR)─
E 小児で記録する場合の留意点
3.体性感覚誘発電位(SEP)
  1 総 論
A 用語の使い方・解剖学的意味
B 検査室の条件
C 刺激選択
D 記録時の被検者の状態
E 一般的な記録条件
F その他(検査の実際)
  2 各 論
A 上肢SSEP:成人
B 下肢SSEP:成人
C 小児のSSEP
D 小児の中潜時SEP
E 術中モニタリング
4.痛覚関連誘発電位
  1 総 論
A 測定の条件
B 記録波形の成分
  2 各 論
A 表皮内電気刺激法(IES)
B レーザー刺激
C thermode(熱極)
  3 C線維刺激
A 表皮内電気刺激法(IES)
B レーザー刺激
  4 臨床応用
  5 脳磁図
5.事象関連電位(ERP)
  1 総 論
A 一般的な測定上の注意
  2 各 論
A P300(P3,P3b)
B ミスマッチ陰性電位(MMN)
C 小児MMN
D N400
E 運動準備電位(BP)
F 随伴陰性変動(CNV)
6.磁気刺激を含む運動誘発電位
  1 総 論
A 用語の使い方・解剖学的意味
B 検査室の条件
C 刺激装置と刺激コイル
D 磁気刺激の種類
E 記録時の被検者の状態
F 一般的な記録条件
G 安全性
H 磁気刺激を実施する検者へのお願い
  2 各 論
A 単発刺激
B 二連発刺激
C 小児への臨床応用
  3 まとめ
   索 引

上記内容は本書刊行時のものです。